日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

CVS3社、配送用駐車場共同利用開始 持続的な店舗配送維持

印刷
Facebook
2019.01.11 10:31 配信

 セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストア(CVS)3社は店舗に配送する車両の駐車場の共同利用を開始する。都市部の繁華街などでは配送車両が入れる駐車場が少なく、人手不足でトラックの2人乗務体制の維持も難しくなっている。共同利用でコストを抑えて駐車場を安定的に確保し、持続的な店舗配送物流を維持する狙い。1案件目として千葉県船橋市で15日から運用を始める。

 駐車場の共同利用は約1年半前から経済産業省の支援と日本フランチャイズチェーン協会の助言を・・・
[全文は電子版会員登録を]