日本公庫と和歌山県、HACCP取組み状況アンケート実施 9割超は導入へ前向き

 【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業和歌山支店と和歌山県農林水産部農林水産政策局食品流通課が和歌山県内の漬物製造事業者を対象にHACCPの取組み状況についてアンケートを行ったところ、9割超の事業者が、HACCP導入に取り組み済み、もしくは意欲的であることが分かった。  ●課題は国際認証取得  アンケートによると、18.4%が「導入している」と回答した。また「数年内に導入予定」が36.7%、「制度化の内容を確認の上、導入を検討する」が38.8%だった。これらを合わ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら