日本政策金融公庫和歌山支店が調査 県内漬物製造事業者約25%が農業参入済み

 【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)和歌山支店農林水産事業が1月から2月にかけて和歌山県内の漬物製造事業者を対象にアンケートを行った。このうち農業参入への取組みついて聞いたところ、24.5%が「既に参入済み」と回答していることが分かった。また農業参入済みの事業者のうち、5年以内に黒字化した事業者は50.0%であることが明らかになった。  アンケートでは「参入済み」「参入を検討、または計画している」と回答した事業者に、農業参入の目的(複数回答)について聞いたところ、「原材料の

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら