ミツカングループ、18年度過去最高売上げ 食酢・納豆が好調

調味 決算 2019.06.12 11891号 01面
結城幸一 Mizkan Holdings専務取締役(左)と吉永智征 Mizkan社長兼CEO

結城幸一 Mizkan Holdings専務取締役(左)と吉永智征 Mizkan社長兼CEO

 ミツカングループは6日、東京都中央区の東京ヘッドオフィスで開催した2018年度年間業績発表会で、国内の食酢・納豆の好調によってグループ売上げ過去最高を更新したこと、19年度(20年2月期)から始まる5年間の新中期経営計画の取組みを明らかにした。  結城幸一Mizkan Holdings専務取締役は新中期経営計画について前5年間の中期経営計画では海外ブランド買収などでグループ売上高1.5倍に(海外売上高比率5割超え)、国内では主力の食酢、納豆、つゆ・鍋つゆ、ぽん酢すべてを成長

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら