極洋、19年秋は新51品で45億円目指す 「便利提案、美味しさ提供」

水産加工 ニュース 2019.08.14 11923号 04面
井上誠社長

井上誠社長

 水産大手の極洋は19年秋の新商品として、シーマルシェブランド5品を含む市販用商品18品・業務用商品33品の計51品を8~10月にかけて発売する。年間販売目標は市販用20億円、業務用25億円の計45億円。開発のメーンコンセプトは「便利を提案、美味しさ提供」。ニーズの高まる簡便性に加え、健康訴求品を強化するなど三つのサブコンセプトを掲げて提案力を拡張する。  井上誠社長は発表の場で「今期は収益構造の改革をテーマとした中期経営計画の2年目として、連結売上高2860億円、経常利益5

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら