アヲハタ、ニコンと共同開発 ジャム・フルーツスプレッド用異物検査装置

菓子 ニュース 2019.05.27 11881号 04面

山本範雄社長

山本範雄社長

 アヲハタ(山本範雄社長)は、ジャム・フルーツスプレッドの製造工程で、光学技術と人工知能(AI)を活用し、異物、不純物を検出・除去するための異物検査装置=写真=をニコンと共同で開発し、5月から「アヲハタ55ジャム」など主力商品の生産ラインで稼働を開始した。  アヲハタの持つ、異物・不純物の検出・除去に関するノウハウと、ニコンの持つ光学技術に加え、AIを活用することで、これまで困難とされてきたジャム・フルーツスプレッド分野での異物・不純物の自動検査を可能にした。  両社は、15

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら