日本給食品連合会、総会開催 18年度、推奨商品事業は2.1%増

外食 総会 2019.06.26 11899号 12面
小川眞也副会長(情報事業委員長)

小川眞也副会長(情報事業委員長)

 日本給食品連合会の2018年度事業は、推奨商品事業(賛助会員9社)は前年比2.1%増。選定商品事業(同16社)は全メーカー目標を達成し、パーフェクトで同13.8%増と大きく伸長。シルバー斡旋商品事業も同10.9%増と高い伸びで60周年の節目を飾る業績で着地したことを7日、明治記念館で開催した定時総会で発表した。  野口昌孝会長は「60年前(昭和34年)の出来事を挙げると、メートル法施行、黒部トンネル開通、皇太子(現上皇)ご成婚、東京オリンピック開催決定、世界初のカラーナイタ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら