マルコメ、「プラス糀 糀甘酒」新CMに「のん」を起用

飲料 キャンペーン 2019.07.10 11906号 09面
左から青木時男社長、のん、マルコメくん

左から青木時男社長、のん、マルコメくん

 マルコメは3日、東京都内で女優・創作あーちすとの「のん」を起用した「プラス糀 糀甘酒」の新CM発表会を開催した。青木時男社長は「(同社の)糀甘酒がヒットした。一昨年あたりから安定供給という壁があった。良い味噌を造るために麹に磨きをかけて165年になるが、今度は麹をメーンにして麹から広がる発酵食品全体にウイングを広げていこうというコンセプトの一つで、甘酒もいよいよ本格稼働していく。日本の発酵食品、特に調味料のほとんどが麹からできている」と述べ、麹を軸に商品開発していく方針を示した。

 CMは「魚沼の水篇」「雪の日も糀甘酒篇」「魚沼醸造の糀甘酒篇」で、20日から全国で放映開始となる。

 青木社長は、「供給が難しかったが、3月に新潟・魚沼に魚沼醸造という米麹の安定供給を目的とした工場を竣工した。世界最大級で、安定供給を念頭に作った。今、フル稼働している。麹の力、魅力にさらに磨きをかけて健康志向、ナチュラルな100%天然由来というコンセプトを明確に打ち出して甘酒、その他いろいろな部分へ広げていきたい」と述べた。また、のんを起用した理由として、同社の甘酒のコンセプトが“ノン”アルコール、“ノン”シュガーという縁があるほか、魚沼の自然感、透明感を兼ね備えたキャラクターだからと語った。

 のんは、お笑いコンビ「さらば青春の光」の森田哲矢、東ブクロとのトークセッションでCM撮影についてのエピソードを語り、「糀甘酒ヨーグルトバーク」を試食した。

 同社は「糀活」として、甘酒を甘味料として料理に使う提案をしていく。(小島麻由美)

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら