梅原料は前年から一転不作 梅干し、秋に値上げも

農産加工 ニュース 2019.08.09 11922号 01面

 梅干しは前年とは一転し梅が不作で、9月から値上げするメーカーもある。全体的に生梅価格が前年の倍で、上げざるを得ない状況だ。紀州梅の主産地である田辺・みなべ地区とも台風による塩害、突風などで、豊作だった前年の8割作となるもよう。降雨が少なかったため、L、2Lなど小玉傾向となっている。場所による差が著しく、中には前年の1割作、3割作の農家もあるという。カリカリ梅産地の群馬でも5月の雹(ひょう)害で主要産地の8割が被害を受けた。中国産のカリカリも1~2割作。農家の高齢化も大きな問

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら