日本製粉、19年3月期は全セグメントで増益 多角的食品企業目指す

小麦加工 決算 2019.05.17 11877号 04面

 日本製粉の19年3月期連結決算は、製粉事業、国内および海外食品事業、その他事業で増収となったことに加え、全セグメントで増益となったため、連結売上高3353億9900万円(前年比3.7%増)、営業利益112億2200万円(同11.5%増)、経常利益130億6500万円(同10.1%増)、純利益84億5500万円(同10.5%増)で着地した。  20年3月期は、各事業分野でさらなる競争力強化に努めるとともに、海外事業の拡大によるグローバルな多角的食品企業を目指してチャレンジを続

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら