昭和産業、「CO2削減/ライトダウン2019」実施 省エネ意識向上へ

小麦加工 ニュース 2019.06.21 11896号 08面

 昭和産業は21日から7月7日まで、地球温暖化防止の省エネ意識向上を目的に「CO2削減/ライトダウン2019」を実施する。  同社は、事業における地球温暖化防止対策に加え、社員や地域の生活者と一緒に身近なことから脱炭素社会づくりに貢献する契機となる活動を推進している。その一環として、夏至を迎える6月21日からクールアース・デーの7月7日までの17日間、関連施設の屋外広告看板の夜間照明を消灯する(全国5ヵ所)。  また、21日は各職場で午後6時にオフィス照明を消灯する「ノー残業

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら