日本製粉、8期連続で増収達成 成長軌道を維持

小麦加工 ニュース 2019.07.17 11910号 01面
近藤雅之社長

近藤雅之社長

 日本製粉の近藤雅之社長は10日に開かれた専門紙との記者懇談会の席上、18年度の業況について「2011年から8期連続で増収が達成されており、成長軌道を維持している」と振り返るとともに、19年度の成長戦略に向けて「冷凍食品事業、中食事業、ヘルスケア事業、海外事業に経営資源を集中していこうと考えている」と述べた。  同社の連結売上高は3353億9900万円(前年比3.7%増)、営業利益112億2200万円(同11.5%増)と増収増益で着地した。  冷食事業は、さまざまなニーズに対

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら