日本製粉、「トルコ料理教室」に協賛 日本・トルコの相互理解・友好親善を

シベル・アキュルドゥズ氏が丁寧な説明をしながら調理を行った

シベル・アキュルドゥズ氏が丁寧な説明をしながら調理を行った

 日本製粉は12日、東京都内の江上料理学院で開かれた日本・トルコ協会主催の「第66回トルコ料理教室」に協賛した。同社は同協会の法人会員として、日本とトルコの相互理解と友好親善に協力しており、同料理教室においても、小麦粉、ベーキングパウダー、オリーブオイル、種抜きオリーブなどの食材を提供した。  今回の料理教室は、都内にあるトルコ料理レストラン「ボスボラス・ハサン」のシェフのシベル・アキュルドゥズ氏が講師となって、「オスマン帝国宮廷料理パート5」をテーマとした料理を調理した。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら