三菱食品、19年3月期は統合後初めて全業態・品目で増収

卸・商社 決算 2019.05.17 11877号 04面

 三菱食品が9日に開示した19年3月期連結決算(一部既報)は売上高2兆6203億1600万円(前年比4.3%増)、営業利益167億4200万円(同0.2%増)、経常利益183億7400万円(同2%増)、当期利益119億6300万円(同10.8%増)の増収増益だった。  統合後初めて全業態・品目で増収を達成した。売上総利益率が低下(6.94%、前年比0.05ポイント悪化)したが、販管費の抑制(6.3%、0.03ポイント改善)でカバーした。  セグメント別概況は加工食品事業が売上

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら