仙台水産グループ、生鮮合同提案会を開催 魚の惣菜化がさらに進化

卸・商社 展示会 2019.09.11 11939号 05面
魚の惣菜化を提案する

魚の惣菜化を提案する

本田誠仙台水産専務

本田誠仙台水産専務

 【東北】仙台水産とグループ仲卸などが主催する第35回生鮮合同提案会「フレッシュ食の祭典」が4日、仙台卸商センター・サンフェスタで開催された。出展社は221社で、水産中心に青果、精肉、惣菜、NBメーカーとフルラインの出展社は、食の祭典が年々充実していることをうかがわせた。  コラボメーカーは20社出店し、カキ、ホタテを中心に、フライパン一つでできる簡単でおいしいメニューがさまざま登場。また、山崎製パンはパンと魚をテーマに、シラス、鯨ベーコンなどをパンにのせて焼いた簡単メニュー

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら