日清オイリオグループ、付加価値を追求 流れ引き継ぎ目標必達

久野貴久社長

久野貴久社長

 日清オイリオグループは今期、中計最終年度となる来期に向け、成長戦略としてのグローバル化や付加価値カテゴリーを追求するとともに、基盤となる汎用(はんよう)カテゴリーでの収益安定化を進める。前期、ミール環境や適正価格販売などで過去最高益(後日報道)を達成した同社だが、「流れを引き継ぎ、目標必達に向け当初計画にしっかりと取り組む」(久野貴久社長)方針を20日の決算説明会で示した。  同社では前期、良好なミール環境を背景に、付加価値カテゴリーの拡大や適正価格の販売に注力。これらが後

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら