カゴメ、旬の素材をブレンド「KAGOME100アップル&ホワイトピーチ」など3月18日発売

カゴメ㈱(東京都中央区東日本橋二‐二〇、03・3861・7620)は、KAGOME一〇〇シリーズに「アップル&ホワイトピーチ」「アップル&マスカットグレープ」を加え、また「バレンシアオレンジ」および「グレープフルーツ」をリニューアルして3月18日から新発売する。

チルドの天然果汁市場は、最近二ケタ台の高い伸びを示し、中でもミックスものの成長ぶりは著しい。しかも、4月にはオレンジ果汁の自由化が実現して、マーケットは一段とにぎわいを増すことが予想されており、同社ではこれに合わせて施策(新製品)を打ち出した。

▽KAGOME一〇〇アップル&ホワイトピーチ‐桃の本場福島県、山形県で旬の7月~8月下旬にかけて収穫された白桃と、世界のさまざまな品種のりんごを厳選し、最適なブレンド方法で作り上げたミックスジュース。さらりとした風味とまろやかな香りが特徴

▽KAGOME一〇〇アップル&マスカットグレープ‐米国カリフォルニア州で旬の9月下旬~10月上旬にかけて、収穫された上品で豊かな香りのマスカット・オブ・アレキサンドリア種のマスカットと、ワシントン州産などの品質の良いりんごを厳選、最適なブレンド方法で作り上げたミックスジュース

▽KAGOME一〇〇バレンシアオレンジ‐バレンシアオレンジの成育に最適な気候のフロリダ州南部で、旬の5月~6月に収穫された真正のバレンシア種のオレンジを、果肉のみ搾る最新式のソフトブラウン方式(果肉をハーフカットしてレモン搾り器で搾るのと同様の手法)で搾汁したもの。カリフォルニアやブラジルのオレンジや早生・中生のハムリン種、パイナップ種とはまったく異なる味わい

▽KAGOME一〇〇グレープフルーツ‐グレープフルーツの土壌・気候に適したフロリダ州南東部のインディアンリバーで、旬の3月~5月に収穫されたマーシュホワイト種の果肉のみを搾る最新式ソフトブラウン方式で搾汁したもの。果皮を搾っていないため、苦みが少なくマイルドな味

四品種とも一㍑紙パック六本一ケースと二〇〇㍉㍑紙パック一二×二で一ケース。一㍑ものは小売四八〇円、二〇〇㍉㍑ものは同一〇〇円。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら