福徳長酒類、10日「伝承蔵づくり」発売。1,500円清酒を投入、ポスト2紙市場狙う

清酒「福徳長」の福徳長酒類㈱(東京都港区、03・3453・2273)は10日、「伝承蔵づくり」を発売した。アイテムは一・八㍑びんとパックの二種類。

大手清酒メーカーが発売しているポスト二級市場を狙った一五〇〇円清酒で、同社によると「級別廃止後のひとつのキーポイントなる価格帯に向けての商品」。

特徴は、高級酒・特定名称酒の造りに使用している灘伝統の生■系酒母を採用し、日本酒の微妙な味わいをより広い層への販売を意図した商品。

価格は、びん‐卸一一三六円、小売一四七〇円、パック‐卸一一一三円、小売一四四〇円。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら