山崎製パン、「まるごとバナナシリーズ」第4弾「フルーツスティック」発売

山崎製パン㈱(東京都千代田区、03・3864・3123)では、昨年4月に発売して大ヒットしている「まるごとバナナ」をシリーズ化し、現在「まるごとバナナ」(小売価格二〇〇円)「スティックパイン」(同二二〇円)「まるごとイチゴ」(同二五〇円、1月~5月期間限定)の三品で、月間約五〇〇万本を生産するほどとなっているが、第四弾として「フルーツスティック」を発売し、一層の強化充実を図っている。

「まるごとバナナシリーズ」は、ソフトなスポンジケーキに純植物性生クリーム(低コレステロール、低カロリー)をたっぷりと絞り込み、「まるごとバナナ」はバナナをまるごと一本サンド。また「スティックパイン」はスティック状のパインを、「まるごとイチゴ」(1月~5月期間限定)はイチゴをたっぷりと入れたスティックタイプの、みずみずしい洋生ケーキ。

昨年の4月発売以来、一年間で七〇億円、四五〇〇万本を売り上げる商品に成長した。現在も月産八億円で推移しており、今後も期待できる商品。昨年の年間四五〇〇万本という数字は、日本の全世帯が各一本ずつ購入した勘定ともなるもの。このシリーズは、「ソフト」「健康」「本物」という三大志向を盛り込んでいるのが、消費者の支持を集めている理由。

第四弾となる「フルーツスティック」は、食べやすいサイズにカットしたピーチ、パイン、アップルをたっぷりとサンドした。5月から順次全国発売している。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら