石垣食品、フジミネラル「水出し煎茶」小函入り、3月22日関東地区皮切りに全国発売

《安全性高く経済的 石垣食品、フジミネ ラル「水出し煎茶」 》 石垣食品㈱(東京都千代田区、03・3263・4444)がフジミネラル「水出し煎茶」小函入り‐写真‐を5日から関東地区皮切りに全国発売した。

内容量三・二㌘×二〇パック入り、希望小売価格四〇〇円(小卸三〇〇円)、荷姿二〇パック入り×一〇入り一ケース。賞味期間一年。

発売のねらいは、煎茶ドリンクが一般化。麦茶、烏龍茶と同様に冷煎茶が飲まれるようになり、一方では缶入りを含む煎茶ドリンクは一杯当たりのコストの点や香りで消費者の満足が得られない面を、同社が特許新製法で煎茶と玉露を濃縮し、富士ミネラル石とともに軟包装したもの。

これは水出し麦茶の経験を生かした。したがって出し方も、従来品と全く異なりわずか三〇秒ででき上がる。パック包材にはコットン一〇〇%の不織布を使い、麻混合タイプに比べ浸出度が向上、漂白工程がなく安全性が高い。水出し煎茶が一㍑当たり四〇円弱で、缶ドリンクの一〇分一と経済的なのが特徴。

水出しの元祖ともいえるフジミネラル麦茶の特許製法を十分製造技術にとり入れた商品で、自信作である。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら