伊藤忠食品、総合展示会開く 酒類新価値を創造 課題解決策など示す

卸・商社 展示会 2019.06.21 11896号 04面
「BIOSAKE」ブースを展開した

「BIOSAKE」ブースを展開した

 伊藤忠食品は11、12日、総合展示会「FOOD WAVE 2019 TOKYO」を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催した。酒類は「新しい価値の再発見・創造」をテーマに掲げ、酒類ユーザーの創出につながる提案や酒類市場の課題解決策などを示した。  事業を通じ社会的価値を創出するCSV(共通価値の創造)ゾーンでは、自然環境に配慮して造られたフランス産の「ビュゼワイン」3種を試飲紹介した。輸入業者の徳岡をはじめ、農機メーカーのヤンマー、ワインブランド「BUZET」、伊藤忠食

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら