明治、乳製品・調理食品に多彩なラインアップ 市場活性化を目指す

(左から)太田勇二マーケティング本部チーズマーケティング部部長、童子秀己常務執行役員マーケティング本部長、山村真一マーケティング本部食品マーケティング部乳化食品グループ長

(左から)太田勇二マーケティング本部チーズマーケティング部部長、童子秀己常務執行役員マーケティング本部長、山村真一マーケティング本部食品マーケティング部乳化食品グループ長

 明治は8月から順次、乳製品・調理食品の秋冬新商品・リニューアル品を発売する。  10月に消費増税を控え、消費マインドの低下が懸念される中、同社独自の価値を発揮し、多様なニーズに応える商品をラインアップ。堅調なチーズ需要に対応し、「明治北海道十勝カマンベール」に14年ぶりの新商品を投入するなど、新商品9品、リニューアル品12品で市場活性化を進める。  童子秀己常務執行役員マーケティング本部長は7月29日に行われた発表会で、「(秋冬商戦は)多様化するニーズに応えられる商品が影響

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら