日本食糧新聞 電子版

印刷

印刷 このページを印刷する

沢の鶴、ヤンマーと純米大吟醸発売

酒類 ニュース 2018.02.14 11660号 01面

新商品を手にする西村隆沢の鶴代表取締役社長(右)と新村誠ヤンマーアグリ事業本部副本部長
新商品を手にする西村隆沢の鶴代表取締役社長(右)と新村誠ヤンマーアグリ事業本部副本部長

 【関西】沢の鶴とヤンマーは、新たな酒米を使った新商品「沢の鶴 X01」を26日から一般販売すると7日、発表した。ヤンマーが独自の営農支援メニューを活用してコメ作り、沢の鶴が醸造、販売を手掛ける。

 酒造りに使用するコメは、土壌診断などヤンマーの営農支援メニューを使い、名古屋大学との共同研究で選出。ヤンマーが進める「酒米ソリューション」を提供する第1弾として、沢の鶴が選ばれた。沢の鶴は、ヤンマーから提供されたコメで酒造適正評価やテスト醸造を繰り返し行い、条件を満たした独自米を1・・・
[全文は電子版会員登録を]

Copyright © 2018 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.