日本食糧新聞 電子版

印刷

印刷 このページを印刷する

ヤッホーブルーイング、クラフトビール市場さらなる拡大へ

酒類 ニュース 2018.01.12 11644号 02面


 クラフトビール国内最大手のヤッホーブルーイングは18年、クラフトビール市場のさらなる拡大に乗り出す。4月1日施行のビールの定義変更を追い風に、使用可能となった原料を生かした新商品を投入。今春には、首都圏での大規模販促も実施する計画。注目度が高まっているクラフトビール市場のさらなる活性化が期待される。

 4月の酒税法改正により、ビールに使用できる副原料が増える。話題喚起の好機ととらえ、鰹節を使ったクラフトビール「SORRY UMAMI IPA」(写真(右))を4月ごろに発売する・・・
[全文は電子版会員登録を]

Copyright © 2015 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.