日本食糧新聞 電子版

印刷

印刷 このページを印刷する

赤飯文化啓発協会、お赤飯の日に2000食を無料頒布 明治神宮で

惣菜・中食 キャンペーン 2016.12.02 11450号 06面

赤飯2000食を頒布し、「お赤飯の日」の認知度向上を図った
赤飯2000食を頒布し、「お赤飯の日」の認知度向上を図った

海外からの旅行者も味わった
海外からの旅行者も味わった

 赤飯文化啓発協会は「お赤飯の日」に当たる11月23日、明治神宮で赤飯の無料頒布を実施した。同所でイベントを行うことは初めての試みで、赤飯文化を広く啓発することを目的に、午前・午後の2回各1000食を来場者に配った。

 同協会理事を務める藪光生和菓子協会専務理事は、自ら先頭に立って赤飯を配布し、「この機会に『お赤飯の日』をより多くの人に知ってもらうだけでなく、伝統食を通じて日本の食文化の大切さも伝えたい」と語った。頒布会場では赤飯の原料であるもち米や小豆などの展示や赤飯の歴史の・・・
[全文は電子版会員登録を]

Copyright © 2015 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.