日本食糧新聞 電子版

印刷

印刷 このページを印刷する

赤飯文化啓発協会、明治神宮でPR 赤飯2000パック頒布

惣菜・中食 キャンペーン 2017.12.08 11630号 05面

2000パックを無料頒布
2000パックを無料頒布

海外からの旅行者も赤飯に興味津々
海外からの旅行者も赤飯に興味津々

 赤飯文化啓発協会は11月23日、東京都港区の明治神宮で、同日が「お赤飯の日」であることにちなみ、赤飯の無料頒布イベントを実施した。午前・午後の各2回、100gの赤飯パックをそれぞれ1000個配り、幅広い世代・国籍の参拝者に赤飯の文化や魅力をPRした。

 明治神宮での同イベントは昨年に続き2回目。パッケージには「赤飯の日」を伝える掛紙を貼り、赤飯文化についてのチラシと合わせて配った。アズキには最高品種の丹波大納言アズキを使用し、午前は90分、午後は60分で用意された全量を頒布し・・・
[全文は電子版会員登録を]

Copyright © 2015 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.