日本食糧新聞 電子版

印刷

印刷 このページを印刷する

和食特集:赤飯文化啓発協会 「お赤飯の日」啓発活動推進 より身近なハレの日に

惣菜・中食 2017.12.20 11635号 07面

「お赤飯の日」啓発ポスター
「お赤飯の日」啓発ポスター

 日本古来の伝統食である“お赤飯の食文化継承”と国産原料の消費拡大を目指す赤飯文化啓発協会は、11月23日の「お赤飯の日」の啓発活動を推進している。ハレの日に食され、地域によってさまざまなバリエーションがある“お赤飯文化”の広がりをPRすると同時に、“お赤飯”に使われるもち米や小豆(アズキ)などの使用拡大に貢献し、食料自給率アップにつなげていきたい考えだ。さらには、会員企業らの展開する簡便調理商品を提案することで、より身近な和食文化としての“お赤飯”も訴求している。

 「『お赤・・・
[全文は電子版会員登録を]

Copyright © 2015 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.