日本食糧新聞 電子版

印刷

印刷 このページを印刷する

明治、春の新提案16品 家庭用マーガリン活性化、ロゴマーク付けて訴求へ

乳肉・油脂 ニュース 2018.02.14 11660号 02面

右から三井基史乳食品営業部部長、酒井隆加工食品営業本部長、河原恒調理食品営業部部長
右から三井基史乳食品営業部部長、酒井隆加工食品営業本部長、河原恒調理食品営業部部長


 明治は8日、乳食品・加工食品の新商品4品、リニューアル品12品を発表した。新商品は、成長市場のチーズと独自性あるチルドカレーに2品ずつを投入。3月から家庭用マーガリン類で、トランス脂肪酸発生要因となる部分水素添加油脂の不使用も公表した。先に同油脂の不使用を報告した雪印メグミルクと同様、マーガリンの価値向上、市場の活性化に全力を尽くしていく考えだ。

 乳食品の新商品は(1)「明治さいておいしいモッツァレラ ミックスピザ味」(2)「明治お徳用モッツァレラとろけるスライスチーズ 1・・・
[全文は電子版会員登録を]

Copyright © 2015 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.