日本食糧新聞 電子版

印刷

印刷 このページを印刷する

サトウ食品工業・JA全農、資本業務提携 原料米安定確保へ

農産加工 ニュース 2018.07.13 11731号 01面

 【新潟】サトウ食品工業は9日、全国農業協同組合連合会(JA全農)と資本業務提携した。JA全農は普通株式の5%未満を8月末日までにサトウ食品の関連会社住吉食品から取得。出資額は現在の株価から推計すると約10億円となるもよう。サトウ食品は今回の提携で原料米の量と価格の両面から安定的な調達が可能となる。JA全農は業務用多収米の共同開発や安定生産、長期的には輸出も視野に入れ、パートナー関係をより強固にしていく考え。

 サトウ食品は前4月期決算で、包装米飯が9.3%増の195億円と大幅・・・
[全文は電子版会員登録を]

Copyright © 2015 日本食糧新聞社 All Rights Reserved.