国分グループ本社、沖縄で食品物流強化 りゅうせきと提携

卸・商社 ニュース 2018.02.26 11666号 01面
19年秋に開設する新センターの外観パース

19年秋に開設する新センターの外観パース

 国分グループ本社は22日、石油販売などを手掛けるりゅうせき(沖縄県浦添市)と資本・業務提携し、同社の子会社であるりゅうせき低温流通(那覇市)の発行済み株式の66.6%を3月30日付で取得すると発表した。提携によって国分は19年秋に機能を高度化した3温度帯センターを浦添市に開設し、県内における食品物流事業を強化するほか、海外向け輸出の拠点としても活用する方針だ。  りゅうせきは戦後初の民間石油供給会社として1950年に創業し、沖縄県における石油・ガス販売業、ホテル・飲食業や低

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら