日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

いりぬか特集2017.03.27 11502号 06面 農産加工 特集

“発酵”ブームを追い風に 付加価値向上が課題(2017.03.27)

植物性乳酸菌が豊富なぬか漬け(写真提供=みたけ食品工業)

 いりぬか、ぬか漬けの素市場は、朝の連続ドラマ「ごちそうさん」の影響で14年は各社販売が上向き、翌年の15年も好調を維持した。16年もこの勢いのままユーザーに定着と考えるも、秋口からの野菜高が販売に響 …続きを読む

  • 主要メーカー動向=伊勢惣 「漬けるだけ!」けん引(2017.03.27)

     ●新たな販売チャネルを開拓

     伊勢惣のぬか床販売状況は、朝ドラ効果と新商品「発酵ぬかみそ 漬けるだけ!」が貢献し14、15年は好調に推移。16年は野菜高の影響で微減となった。17年はDgS、CVSなど新たな販売チャネルを…

  • 日本いりぬか工業会、総会開催 甲斐義人会長を再選(2017.03.27)

     日本いりぬか工業会は2月22日、東京都内で通常総会を開催。任期満了に伴う役員改選では、甲斐義人会長(三色香辛料社長)を再選、副会長に山崎理香子氏(国城産業社長)を選任した。

     5月8日を「ぬか漬けの日」と定め普及活動を行…

  • 主要メーカー動向=大川食品工業 無添加タイプ配荷拡大(2017.03.27)

     ●若年層ユーザーの取り込み狙う

     大川食品工業の「ぬか漬けの素」は、地元で回収し自然発酵させた米ぬかなど地元原料を生かし、ぬか本来の力を引き出すこだわりの製法で作られた「品質本位」の商品だ。

     「無添加ぬかみ…

  • 主要メーカー動向=国城産業 「ぜいたく三昧」を全国展開(2017.03.27)

     ●ネットで通年商品に

     国城産業の16年いりぬか販売は、「ぬか漬け体験」が生協の共同購入で好調に推移。催事や需要期のスポットで取り上げられ、売上げが伸びた。「ぜいたく三昧」をはじめ、大手量販店での販売が主だが、ネット販売…

  • 主要メーカー動向=チヨダ 「もみーな」堅調に推移(2017.03.27)

     ●手軽にぬか漬け 市場での認知度高める

     チヨダのぬか関連商品のこの1年間の売上高はほぼ前年並みを維持した。これまでぬか関連の市場はTVドラマの露出による相乗効果などで拡大基調が続いたが、このブーム以降は市場は落ち着いて…

  • 主要メーカー動向=富士食糧 漬物の素販売、6%増(2017.03.27)

     ●品質変えることなく伝統を守る

     富士食糧の16年度漬物の素販売実績は、前年比6%増(ぬかを除く)、ぬかは12%減だった。直近の17年2月単月では、ぬかが5割増、漬物全体は6割増で推移している。ぬかに関して昨年、シーズン…

  • 主要メーカー動向=三色香辛料 「塩分控えめ」を強化(2017.03.27)

     ●産地に踏み込んだ原料調達

     三色香辛料の16年漬物関連販売実績は、野菜高騰前の8月までは好調だった。「あじつけぬか」など粉末系のいりぬかはリピーターが支持している。新規採用もあり、販売量が増えた。17年は塩分を8%まで…

  • 主要メーカー動向=まるほ食品 有機千切り大根が好調(2017.03.27)

     ●競合減少、徹底した品質管理

     まるほ食品は、包装切りもち、大福などの冷凍和菓子、切り干し大根、いりぬか、唐辛子関係などの農産乾物の製造・販売を行う。04年に切り干し大根で初めて有機小分け認定を取得している。

  • 主要メーカー動向=みたけ食品工業 「発酵ぬかどこ」簡便さが受け売上げ増(2017.03.27)

     ●大麦入りも試作

     みたけ食品工業の16年漬物材料販売実績は季節需要に伴い野菜高騰の影響があったが、調味ぬかは簡便さが受けて堅調に推移。熟成タイプのぬか床も売れ行きが好調だった。16年は総体的に微増となり、17年はターゲ…

  • 主要メーカー動向=西日本食品工業 白鳥印、市場をリード(2017.03.27)

     ●九州産米ぬかと本格鉄釜煎り

     【九州】西日本食品工業は片栗粉や団子粉など穀粉類を幅広く、商材として扱っているが、近年はグルテンフリーの「天ぷら粉」が好調に推移している。

     いりぬか製品は超ロングセラーでその…

「古今東北」特集2017.03.24 11501号 12面 その他 特集

東北協同事業開発・丹野潤一取締役営業部長 全国視野に販路拡大目指す(2017.03.24)

 ◇「復興」にとどまらない、東北全体の活性化へ

 コープ東北サンネット事業連合は2015年4月、東北協同事業開発を設立し、新たなブランド「古今東北」を同年11月から発売している。東北6県からよりすぐりの …続きを読む

エスビー食品「本生」30周年特集2017.03.22 11500号 07面 調味 特集

素材本来のおいしさ追求し発売30周年(2017.03.22)

 ◇進化続けるNo.1(※)ブランド 累計販売13億本を突破

 エスビー食品の「本生」は、87年にワンランク上のチューブ入り香辛料として「おろしわさび」と「つぶ入りマスタード」を発売して以来、現在はこの …続きを読む

  • 30周年、プロモでアピール 「本生」さらなる飛躍へ(2017.03.22)

     「本生」シリーズ30周年をきっかけにエスビー食品は、総合プロモーションを実施する。今回のプロモーションで「本生」ブランドの品質の高さの理解、実感を通じたブランド価値向上、ナンバーワンブランドとしての新たな使い方提案などによる市場の拡…

  • わさびに肉料理は着実に普及している 市場拡大へ食べ方提案 「きざみわさび」などの新商品も(2017.03.22)

     確固たる地位を築いている「本生」シリーズは、新たな市場ニーズの開拓にも注力している。12年には「きざみわさび」を発売。これは控えめな辛さと茎のシャキシャキした食感が特徴で、刺し身やそばだけではなくステーキやポークソテーなどの肉料理に…

  • S&B本生本わさびと本わさび(生鮮)の香り成分の分析結果 「本生」と自然のわさびがいかに近いか(2017.03.22)

     ●香り成分のバランスを比較

     「本生本わさび」の香りが生鮮の本わさびについて、特徴的な四つの香り成分のバランスを比較した。その結果、生鮮の本わさびとほぼ同じ傾向を示した。これは、同社の素材本来のおいしさを追求した結果とい…