日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

全国卸流通特集2015.09.27 11248号 20面

菓子卸トップに聞く=コンフェックス・昆靖社長 売上高2000億円達成

印刷
Facebook
2015.09.27 11248号 20面


 コンフェックスの15年3月期グループ売上高は、2002億8500万円でマイルストーンとしていた売上高2000億円を達成。さらに経常利益も大幅増益となったが、昆靖社長の表情は厳しい。「菓子市場をコーディネートし、菓子卸業界のリーディングカンパニーを目指す」という目標を達成するためには、社内に課題が山積すると語る。「お客さまの評価と同時に社員が誇りをもつことができる企業であることが重要」と話す昆社長に、14年の総括と15年の展望を聞いた。

 15年3月期のグループ業績は売上高20・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 「選ばれる卸」へ 機能競争を本格化 経常利益率1%確保へ戦略転換急ぐ(2015.09.27)

     「これ以上価格のたたき合いばかりしていたら、成長どころか経営が成り立たない。“選ばれる卸”になるには競合の持たない圧倒的な強みや機能の確立が不可欠だ」--。食品卸業界が経営戦略の転換へ大きくかじを切り始めた。

     かつて卸…

  • 三井食品・藤吉泰晴社長 「豊かな食のクリエーター」掲げ異質化戦略を深掘り(2015.09.27)

     三井食品は6月、三井物産前食品事業本部長の藤吉泰晴氏を社長に迎えるトップ人事を実施した。藤吉社長は物産時代に食糧ビジネスやリテール分野で培った深い知見を生かし、三井食品の競争力を新たなステージへ引き上げる。特に三井物産やグループ企業…

  • 三井物産・本坊吉博代表取締役専務執行役員 高機能・高付加価値型卸へ成長期待(2015.09.27)

     三井物産は今期からの全面的な経営刷新に伴い、主力のプロジェクトインフラ領域から食と農、衣食住といった攻め筋へ投資の重点をシフトする戦略を固めた。特に農業やリテールなど食糧・食品ビジネスの強化へ力を注ぎ、国内外における新たな事業モデル…

  • 写真1 大手総合卸7社、競合が持たない圧倒的な強み確立(2015.09.27)

     食品卸業界は物流費の高騰や競争激化にともなう粗利の低下に苦慮しているが、不採算取引の改善など自助努力によって回復の兆しも出てきた。だが、足元の経営環境には際立った好材料がみられず、今期も引き続き厳しい競争を強いられることが予測される…

  • 経営トップ・幹部による紙上座談会 売上げ至上主義と決別 問屋がモノを言い始めた(2015.09.27)

     食品卸業界の経営戦略が大きな転換期を迎えている。消費者のライフスタイルや世界的な食糧需給事情の変化、人手不足に伴うコストの増大といった環境変化を受け、従来の規模追求型の戦略が限界に達したためだ。業界ではかつての売上げ至上主義を見直し…

  • 日本アクセス・田中茂治社長、第5次中計の総仕上げへ(2015.09.27)

     日本アクセスは今期、第5次中計の総仕上げの年と位置付ける。売上高は計画以上の拡大を見せ効果が出始めた。しかし、想定を超えたコスト環境要因で収益を圧迫。田中茂治社長は社内改革推進による体質強化で「成長と利益のバランスを元に戻す」と強調…

  • トップに聞くわが社の経営戦略=国分・國分勘兵衛会長兼社長(2015.09.27)

     国分は来期から始動する第10次長期経営計画に向け、体制強化を急ピッチで進めている。2年越しで取り組んできた本社・支社・グループ企業の卸基盤再構築はこの7月までに枠組みを完了、社会構造の変化に対応した低温インフラの整備も着々と進む。昨…

  • トップに聞くわが社の経営戦略=加藤産業・加藤和弥社長(2015.09.27)

     一貫した「提案型営業の推進」、コスト管理の徹底とスピードアップで、大手卸の中でも抜群の高収益体質を誇る加藤産業。第3四半期の連結売上高は6885億9000万円、前年比19.6%増と三陽物産分が合算されたことで売上げが伸長している。「…

  • トップに聞くわが社の経営戦略=トモシアHD・竹内成雄社長(2015.09.27)

     旭食品、カナカン、丸大堀内の3社で構成される地域卸連合・トモシアホールディングス(HD)は、強みの地域性に磨きをかけながら、成長に必要な利益を確保できる体質改善へ力を入れる。3社間における隠れたローカル商材の発掘・調達による地域市場…

  • トップに聞くわが社の経営戦略=伊藤忠食品・星秀一社長(2015.09.27)

     伊藤忠食品は今期経営の重要テーマに「価値の創造」「売総経費率の改善」を掲げ、独自の強みと安定した収益体質の確立に注力する。今第1四半期業績は業務改革の着実な進展により増収増益で着地し、社員の採算意識向上に手応えを得た。来年は同社にと…

  • トップに聞くわが社の経営戦略=日本酒類販売・松川隆志社長(2015.09.27)

     日本酒類販売は、物流費のコスト増が収益を直撃する中、他社も含めた共同配送による効率化を進めている。経営環境が厳しいのは他の卸も同じとして「競争関係は維持しながらも、場面によっては協調を図っていく」(松川隆志社長)との考えを示す。同時…

  • 復活から30年目を迎え注目を集める「ひやおろし」(日本名門酒会の全国大会から) 酒卸業界展望=専門性発揮し存在感 オリジナル商品を開発(2015.09.27)

     酒卸業界は免許緩和に伴う環境変化などに耐えながらも、依然として厳しい状況に置かれている。酒の消費量は漸減傾向にあり、大手に吸収されることなく独自の経営を続けているのは少数にとどまる。それらの卸は酒に対する専門性とこれまでに培ってきた…

  • 業界団体インタビュー=全国卸売酒販組合中央会・江國清志専務理事(2015.09.27)

     全国卸売酒販組合中央会の江國清志専務理事は、15年の大きな課題の一つに物流コスト高騰への対応を挙げる。これまでもアウトソーシングの活用などでコスト削減に努めてきたが、卸売業者だけでコスト上昇を吸収するのは難しいと指摘。きちんと価格転…

  • 酒類トップに聞く=日本名門酒会・飯田永介本部長(2015.09.27)

     「いま日本酒に追い風が吹いている」と語るのは、日本酒蔵元と酒販店のボランタリーチェーン日本名門酒会の本部長を務める飯田永介・岡永社長。意欲ある蔵元が造る酒への期待が、日本酒を応援しようという機運をつくり広がっているという。今年は全国…

  • インバウンド需要対応の売場提案 菓子卸業界展望=業界再編完了か 15年も堅調推移(2015.09.27)

     14年の菓子卸業界は、おおむね好調に推移した。消費増税転嫁が円滑に図れるようにカルテルを結成したことなどが寄与し、消費増税の影響を受けず、菓子需要がチョコレート、ビスケットなどを中心に伸長したことに加え、政府の訪日客拡大施策に円安が…

  • 菓子卸団体トップに聞く=全国菓子卸商業組合連合会・関口快流理事長(2015.09.27)

     ●厳しさ増すも明るさ 創意工夫で差別化

     菓子卸の全国団体である全国菓子卸商業組合連合会の関口快流理事長は、15年の菓子業界は明るいとの見方を示す。アベノミクスによる景気回復の波に加え、円安により今後さらに拡大が予想され…

  • 菓子卸トップに聞く=山星屋・小西規雄社長 国分の資本参画に前向き協議(2015.09.27)

     山星屋の小西規雄社長は、14年12月に発表された丸紅と国分の業務提携検討開始の公表文書に「国分が山星屋に資本参画を検討」とあることに対して、「小売業が業態を越えた再編を加速する中、卸流通は確実に寡占化に向かう」とし、「メガ卸との競合…

  • 菓子卸トップに聞く=高山・高山時光社長 独立系として進化目指す(2015.09.27)

     高山の高山時光社長は、「当社は、今後も独立系菓子卸として歩む」と宣言する。同社の前期売上高は、前年比7%増の1880億5600万円でV字回復を果たした。高山社長は、独立系菓子卸として必要な要素を「規模と機能のバランス」と指摘した上で…

  • 菓子卸トップに聞く=ハセガワ・眞壁政雄社長 「ひと手間かけて」差別化(2015.09.27)

     社長就任以降、業績を伸ばし続けるハセガワの眞壁政雄社長は「経営に奇策なし」と語り、市場規模が大きい関東・首都圏を地盤としながらも、地域密着型菓子卸として機能のさらなる充実を図る考えを示す。大手菓子卸ではできない「ひと手間かけた仕事」…

  • 写真で見る2015食品卸展示会 製販のビジネスチャンス拡大へ多彩な提案(2015.09.27)

     卸展示会は、小売業に対する新たなビジネスのヒント提供、メーカーの新商品を大々的に紹介する場であることはもちろん、自らの差別化機能をアピールするチャンスの場だ。物流や情報機能に加え、生活者トレンド、ソリューション紹介といった独自企画の…

  • 三菱食品・今村忠如専務取締役 課題解決型卸へ機能強化を加速(2015.09.27)

     三菱食品の発足以降、事業規模と収益の拡大をけん引してきたのが低温事業だ。統合効果による全顧客業態との取組み強化、ロジスティクスとものづくり機能を軸とした課題解決型の提案力の発揮に努め、15年3月期の事業規模は業界トップクラスの910…

  • 地域産品の開発が進む(広川展示会) 地域卸 さまざまなステージで“協業”活発化 地域の情報を全国へ発信(2015.09.27)

     各種業態が入り乱れ激戦を繰り広げる小売業界。大手組織量販店の系列化や空白エリアへの積極的な進出、ロードサイドへのCVSの出店攻勢、勝ち組業態間での競争激化、業態を越えてのコラボ出店などで、地域を基盤とする小売業の経営は逼迫(ひっぱく…

  • 経営トップに聞く=日本アクセス北海道・成田祐一社長(2015.09.27)

     ●コスト構造改善し収益力底上げ

     日本アクセス北海道は、2000年に北海道雪印販売と杉野商事が合併し設立した杉野雪印アクセス発足から今年で15周年を迎えた。05年に現社名に変更、13年には日本アクセスの100%子会社とな…

  • 合併15周年を記念して行われた日本アクセス北海道の展示商談会 エリア別動向=北海道地区 押し寄せる小売再編の波(2015.09.27)

     ●生き残りへ厳しさ増す卸

     道内卸売業界ではアークス、コープさっぽろ、イオンの3大小売グループの寡占化進展に加え、CGCメンバーの北雄ラッキー、2年前にイトーヨーカ堂と資本業務提携したダイイチ、ホクレン商事、豊月といった…

  • 経営トップに聞く=ボーキ佐藤・平山裕一専務(2015.09.27)

     ●地方問屋の原点回帰、商道徳遵守

     東北エリアの人口は2020年、30年と減少率がワースト5に青森、岩手、秋田、山形4県が入っているという、厳しい環境が現実にある。この中で私はは変化対応、基本の徹底、仮説検証を基軸にかじ…

  • 青森県の減塩活動だし活に丸大堀内も参加=丸大冷蔵展示会 エリア別動向=東北地区 経済低迷、強まる節約志向(2015.09.27)

     地域経済の低迷により個人消費は振るわず、消費増税によって東北はますます節約志向が強まったと多くのSMが指摘する。また、惣菜デリカ、生鮮強化が課題とされ、売上構成比率を上げてきている一方で、加工食品はコモディティー化し、値上げと価格競…

  • 経営トップに聞く=ユアサ・フナショク・諸澤隆芳社長(2015.09.27)

     ●得意先深掘り、低温事業など拡大

     千葉県を営業基盤に、地元小売業と強固な関係を築くユアサ・フナショク。15年3月期連結決算は売上高1018億9200万円(前年比5.5%減)、経常利益18億9200万円(同12.4%減)…

  • 常洋水産・増子幸吉取締役営業本部長 現場力で細かなフォロー(2015.09.27)

     昨年は4月から消費増税がスタートしたことで、特に前半戦は売上げの確保に苦慮した。一方、今期4~8月売上高は累計10%の2桁増で推移。9月も8月末に開催した商談会以降、秋冬商材の導入や販促企画提案も順調に売上げに貢献している。このため…

  • U.S.M.Hの経営に関わる(左から)岡田元也取締役相談役(イオン社長)、小浜裕正会長(カスミ会長)、上田真社長(マルエツ社長)、秋吉満社外取締役(丸紅副社長) エリア別動向=関東地区 SMの上位集中化が加速(2015.09.27)

     ●GMS現場に仕入れ権限

     関東の小売は、有力SM(食品スーパー)による上位集中化が加速する。3月に、マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東のイオン系食品スーパー(SM)3社の持ち株会社、ユナイテッド・スーパーマーケット・…

  • 静岡メイカンの「総合食品展示会」 エリア別動向=静岡地区 求められる細やかな対応(2015.09.27)

     ●地元卸 低価格から高品質へ 地元食品産業に好機到来

     愛知県と神奈川県の間に位置する静岡県は東西に約170km、人口は全国10位の369万人だ。東西交通の要地に位置し、気候温暖で富士山や駿河湾などの自然に恵まれた静岡県…

  • 経営トップに聞く=マルイチ産商・藤沢政俊社長(2015.09.27)

     「メーカー型卸」への進化と、持ち前であるフルライン機能の強化で、「日本の中のマルイチ」を目指すマルイチ産商。8月には、千葉県の水産品加工業、信田缶詰を連結子会社化するなど、積極的な拡大戦略を見せる。「海なし県」信州から、「水産を軸に…

  • マルイチ産商が創立65周年を記念して開催した総合展示会「フードソリューション2015」 エリア別動向=甲信地区 地域密着の機能に再注目(2015.09.27)

     流通再編と市場環境の変化が進む甲信エリア。地域卸も帳合変更、円安などに伴う仕入れ価格の上昇で、厳しい環境が続く。一方で、ナショナルチェーンが仕入れ方式を集中・集約型からエリア型にシフトし始めるなど、地場のマーケットに深く根差す地域卸…

  • 地域連携商品を強化=トーカン展示会 エリア別動向=中部地区 好況でも人手不足は深刻(2015.09.27)

     今年度に入り、卸各社の主要得意先のスーパーは順調に推移している。中部経済産業局の中部管内小売店(スーパー)既存店販売概況では、3月は昨年の増税前の駆け込み需要の翌年で3.5%減だが、4月4.3%増、5月5%増、6月1.9%増、その後…

  • 経営トップに聞く=トーカン・永津嘉人社長(2015.09.27)

     ●「新たな“事”やろう」と方針掲げ

     今期(14年10月~)のスタートとともに社長に就任した永津嘉人氏。その1年目を「慣れるのに精いっぱいだった」と振り返るが、「新たな“事”をやろう」と社員に発信し、方針に掲げたことで「…

  • 旭食品本社 エリア別動向=四国地区 消える大手系列地域問屋(2015.09.27)

     四国の卸売流通界は小売流通の大きな変化の中で、いや応なしに変わらざるを得なくなってきた。特に四国で生まれ、一強といわれた旭食品が追われる立場で厳しくなっている。旭食品の四国での市場占有率も約40%ぐらいになったものと思われる。

  • 地方自治体も、産品開発に積極的に参入 エリア別動向=近畿地区 生産性向上へローコスト化加速(2015.09.27)

     ●基盤産業の衰退 インバウンド頼み

     首都圏から関西を訪れたビジネスマンに話を聞くと、「東京と比べ、関西の市況は厳しいですね」とよく言われる。外国人観光客によるインバウンド効果で、やや活気づいてきた関西食品市場。基本的な…

  • 地域密着での展開を図る=日本アクセス展示会 エリア別動向=中国地区 進む基盤整備や機能強化(2015.09.27)

     中国地方では、商社主導による全国卸の再編が一段落し、全国卸各社は時代に対応した組織変革や機能強化、新事業領域拡大といった次なるステップへと移行している。激変する市場環境への対応や物販からサービス重視の企業への変革を目指した組織変革を…

  • 経営トップに聞く=さんれいフーズ・田村勝専務取締役(2015.09.27)

     ●効率化へ音声認識システム導入

     山陰地区を中心に山口県西部から兵庫県北部、京都府北部まで営業展開し、山陰を代表する業務用卸として確固たる地位を築いているさんれいフーズ。地域とともに発展する姿勢を貫くとともに、物流体制の…

  • 経営トップに聞く=ヤマエ久野・網田日出人社長(2015.09.27)

     ●さらに一歩踏み込む九州外施策

     ヤマエ久野は数年来、「グッドカンパニー」を掲げてきたが、近年、これに加えて「ビッグカンパニー」も併せ持つ拡大路線を推進している。

     グッドであるためにはビッグでなければならな…

  • イオン九州RDC エリア別動向=九州地区 低温事業強化する地域卸(2015.09.27)

     九州卸売業界は激しい小売業界間競争の結果、その盛衰を分けている。全国卸の九州管掌が全国チェーンの広域化に伴い、有利な流れを作っているのはやむを得ない。

     九州小売業界は全国と比して異なる市場環境下にあって、一段と激戦に拍…