日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

シリアル食品特集2017.03.17 11499号 12面

成長続く2016年シリアル市場 国内消費は健全・堅実成長へ

印刷
Facebook
2017.03.17 11499号 12面


 2016年のシリアル市場は、成長が継続したもよう。一方、16年秋以降の台風などの影響で生鮮食品価格が高騰したことで、加工食品への支出が抑制されたことやインバウンド需要の失速などで、ここ数年の急速な成長から、安定成長に入ったもようだ。特に、国内消費に関しては、健全・堅実成長基調に入った。KSP-POSデータでは、16年は金額ベースで前年比5.4%増、数量ベースで1.2%増となった。春の需要期を迎える中、市場をけん引するグラノーラについて、メーカーは、「健康価値」を付加した商品・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=日清シスコ 「ごろっとグラノーラ」おいしさ・健康価値向上(2017.03.17)

     日清シスコの17年3月期第3四半期までのシリアル事業の実績は、堅調に推移した。

     17年シリアル商品開発の方向性について森河洋一取締役マーケティング部長は品質、利便性、おいしさという価値に加え、健康価値も主軸とした開発を…

  • メーカー動向=カルビー 今期28%増310億円見込む(2017.03.17)

     ●フルグラ「チョコクランチ&バナナ」新発売

     カルビーは、今期「フルグラ(フルーツグラノーラ)」事業を第2ステージに進め、「第3の朝食」から日本の朝食のスタンダード化として定着させ、国民食を目指す取組みを行った。まず、生…

  • メーカー動向=日本ケロッグ 2ブランドの好調続く(2017.03.17)

     日本ケロッグの16年度実績は、成長ドライバーと位置付ける「オールブラン」と「フルーツグラノラ」の2ブランドの成長が継続したことなどが寄与し好調に推移した。また、「玄米」シリーズも袋化した「玄米フレーク」や、新製品の「玄米グラノラ」が…

  • メーカー動向=日本食品製造 多様化する嗜好に幅広く対応(2017.03.17)

     【北海道】来年8月に会社設立100周年を迎える日本食品製造(札幌)は2月20日、新製品としてグラノーラ4品、シールド乳酸菌配合コーンフレーク2品、リニューアルで玄米フレーク2品、コーンフレーク3品の計11アイテムを投入した。開発テー…