日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

米菓特集2018.03.05 11669号 06面

国産加工用米高騰で対応迫られる 一部で「減量」「値上げ」

印刷
Facebook
2018.03.05 11669号 06面


 米菓市場は主原料の加工用米が国産を中心に価格上昇し、その対応を迫られることになった。原油価格の上昇による工場稼働のコスト増、包装資材価格の上昇、人手不足を背景にした物流費の上昇などのコスト増加要因に加えての国産加工用米の高騰だけに、一部メーカーでは減量・値上げなどの対応を始めた。一方、今回は、2008年に大手米菓メーカーが、相次いで値上げを行った状況と異なる。高騰しているのは、国産加工用米であり、MA(ミニマムアクセス)米の価格は、横ばいから微増で推移し、こうしたコメを原料・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=亀田製菓 選択と集中を推進(2018.03.05)

     ●来期 健康訴求にも挑戦継続 主力品に集中

     亀田製菓の国内米菓事業は、基幹4ブランドのうち「柿の種」が伸長も、「ハッピーターン」「まがりせんべい」「手塩屋」がアイテム数抑制などの影響で前年割れ。通期も厳しい見込み。18…

  • 主要メーカー動向=三幸製菓 前期、500億円達成(2018.03.05)

     ●今期も5%増と好調続く

     三幸製菓の前期売上高(17年9月期)は、前年の484億円から約500億円まで拡大した。良品廉価の施策の下、コンサバティブな主要購買層に向けて主力品に注力。定期的な商品のブラッシュアップを行うと…

  • 主要メーカー動向=岩塚製菓 国産米100%を維持(2018.03.05)

     ●原料高騰で実質値上げへ

     岩塚製菓は3月26日出荷分から、主力「味しらべ」など12品の内容量を減量する。全商品国産米を100%使用しており、原材料の加工用米が前年に比べ約10%、3年前に比べ20%以上値上がり。物流費や…

  • 主要メーカー動向=越後製菓 今期60億年超目指す(2018.03.05)

     ●「ふんわり名人」好調で伸長

     越後製菓の前期(17年3月期)の業績は、売上高が前年比2.3%増の178億0500万円で増収を達成した。米菓事業は、一般米菓が、同5.7%増の46億5000万円、「味の追求」が、同3.9%…

  • 主要メーカー動向=栗山米菓 「ばかうけ」がけん引(2018.03.05)

     ●「瀬戸の汐揚」 中部、関西で拡売

     栗山米菓の今期(18年3月期=17年4月~18年1月)売上げは、前年比約2.5%増と順調に推移している。ブランド別の状況は、「ばかうけ」ブランドが堅調に推移。「瀬戸の汐揚」は中部、関…

  • 主要メーカー動向=阿部幸製菓 今期新規事業に挑戦(2018.03.05)

     ●売上高60億円の大台目指す

     阿部幸製菓の阿部俊幸社長は、前期(17年12月期)の売上高が前年比微増の約59億円で着地し、今期、大台の60億円を目指すとの考えを示した。業務用柿の種やナショナルブランドなど主力の米菓事業…