日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

パン特集2018.06.15 11715号 09面

18年は「適正価格実現」がキーワード

印刷
Facebook
2018.06.15 11715号 09面


 ◇5月レーズン・クルミ製品値上げ 7月には山崎製パンが70品目 新価格浸透に注力

 2018年のホールセール製パン業界は、適正価格の実現がキーワードになりそうだ。5~6月には、米国カリフォルニア州の天候不順によるレーズンやクルミの大幅減産に伴う、17年産の価格高騰への対応を主要因に、大手製パンメーカーを中心に、約10%程度値上げした。直接的なきっかけは、レーズン、クルミなどの高騰だが、近年のホールセール製パン業界は、原材料価格の高騰に加え、製造現場から配送に至るまで人手不足と・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事