日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

菓子秋需戦略特集2018.09.12 11762号 04面

「健康」「高付加価値」戦略を深耕 5年連続伸長も足元は“軟調”

印刷
Facebook
2018.09.12 11762号 04面


 菓子の秋季商戦がスタートした。昨年は、7月の高温から一転、8月に入り東日本を中心に、低温傾向となったことで、菓子市場にとって、幸先の良いシーズンインとなったが、18年は酷暑に加え、相次ぐ台風の上陸や台風通過後の高温など厳しい気象環境下でのシーズンインとなった。18年秋冬季のメーカー各社の戦略は、引き続き「健康」「高付加価値」戦略の深耕が目立つ。全日本菓子協会発表の、17年の菓子生産数量および生産金額・小売金額(推定)は5年連続の伸長となった。一方、18年に入り、菓子市場をけ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=明治 健康志向チョコ2桁成長(2018.09.12)

     ●「チョコレート効果」 未購入者層を開拓

     明治は今期、17年の市場規模が5500億円と5年で約1000億円伸長したチョコレート市場のさらなる成長と日本におけるチョコレート文化の創出に挑戦する。高伸長を支える、健康志向チ…

  • メーカー動向=ロッテ 4テーマを中心に展開(2018.09.12)

     ●「健康を、おいしく。」「キズナ消費」…

     ロッテの18年菓子秋季商戦は、「健康を、おいしく。」「デイリープレミアム」「キズナ消費」「モバイルスタイル」をテーマに展開する。「健康を、おいしく。」では、「乳酸菌ショコラ」「…

  • メーカー動向=ネスレ日本 「キットカット ミニ 抹茶のちから」をリニューアル(2018.09.12)

     ネスレ日本コンフェクショナリー事業の、流通菓子の18年上期概況は、好調に推移した。チョコ市場の健康ブームが一巡する中、キットカットは、強みがある徳用袋で“味+ポリフェノール”を訴求する〈抹茶のちから〉がシニア層を開拓し成長すると同時…

  • メーカー動向=不二家 「健康とグルメ」深耕(2018.09.12)

     ●「ホームパイ〈大人のリッチチョコ〉」 パイの革新戦略商品

     不二家の今秋季商品施策は、ブランド革新への挑戦をテーマに、「健康とグルメ」の展開が好業績を支えていることからこの2軸を深耕。また、同社は、17年に銀座に所有し…

  • メーカー動向=ギンビス 健康志向にもち麦商品(2018.09.12)

     ●「ハロウィン」限定商品の充実も

     ギンビスの18年秋冬新商品は、健康志向の高まりに対応し、「もち麦使用ミニアスパラガスメープル風味6P」を発売するなど、もち麦を使用した商品を拡充。また、秋の催事として定着した「ハロウィ…

  • メーカー動向=ブルボン 高価格帯商品を拡充(2018.09.12)

     ●「エクセレントスイーツ」など こだわり・安定志向へ

     【新潟】ブルボンは今秋、高価格帯商品の拡充を図り消費者のこだわり志向・安定志向に対応する。高額ビスケット「エクセレントスイーツ」やチョコレート「アーモンドラッシュ」…

  • メーカー動向=森永製菓 未来予測、積極仕掛け(2018.09.12)

     ●「既存ブランド強化」など3軸

     森永製菓の18年菓子秋季戦略は、未来の需要予測を行い積極的な仕掛けを展開する。「既存ブランド強化」「健康商品の再取り組み」「新商品好きの消費者の確保」の3軸で商品開発を行った。

    <…
  • メーカー動向=江崎グリコ おいしさ・健康を柱に(2018.09.12)

     ●「ポッキー」コミュニケーション一新

     江崎グリコの18年秋季菓子戦略は、企業理念の「おいしさと健康」のおいしさを具現化した高付加価値商品の「神戸ショコラ」「ホーバル」や健康を具現化した「GABA」「LIBERA」「ビス…