日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

チョコレート特集2018.10.15 11778号 05面

18年上期苦戦も下期復調へ 記録的猛暑「巣ごもり消費」乗り切る

印刷
Facebook
2018.10.15 11778号 05面


 チョコレートが需要期を迎えた。チョコレートの需要は夏場落ち込み、今年は、全国各地で猛暑日が続き観測史上過去最高の暑さを記録し、大幅な需要減が懸念された。しかし、記録的な猛暑になったことで熱中症を予防するため、外出を抑え冷房の効いた室内で過ごすなど在宅傾向が高まり、いわゆる「巣ごもり消費」が発生したことで、大袋商品を中心に、堅調に推移した。全日本菓子協会が公表しているチョコレートの生産金額・小売金額(推定)は、14年の生産金額が前年比7.7%増の3510億円(小売金額7.5%・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=ロッテ 今上期、好調な売上げ(2018.10.15)

     ●秋冬期「健康を、おいしく。」展開

     ロッテの今期チョコレートカテゴリーの実績は、カテゴリートータルで前年比1.1%増と好調に推移した。ブランド別では、「ガーナ」ブランドが、同4.1%増と好調に推移。「シャルロッテ」ブラ…

  • メーカー動向=森永製菓 2桁超える伸長「チョコボール」「小枝」(2018.10.15)

     森永製菓の今期4~9月のチョコレートカテゴリートータルの実績は、前年比微減で推移した。ブランド別概況は、「ダース」が前年並みで推移。「カレ・ド・ショコラ」は前年実績に届かなかった。「小枝」は2桁以上の伸長となった。「チョコボール」も…

  • メーカー動向=明治 健康志向で「チョコレート効果」復調(2018.10.15)

     ●テレビの情報番組で紹介

     明治の今秋冬期チョコレート戦略は、チョコレート市場のさらなる成長と日本におけるチョコレート文化の創出に挑戦する。高伸長を支える健康志向チョコは「チョコレート効果」で未購入者層の開拓と「チョコの…

  • メーカー動向=芥川製菓 ハイグレードライン「西洋銀座」新展開(2018.10.15)

     芥川製菓の2019年のバレンタイン商品は、チョコレート専業メーカーならではの味へのこだわりとラッピングの美しさを多彩なバレンタインギフトで訴求する。今回は、ハイグレードの上質なチョコレートギフトとして「西洋銀座」を新たに展開する。日…

  • メーカー動向=ネスレ日本 「キットカット」日本発売45周年で記念プロモ(2018.10.15)

     ネスレ日本コンフェクショナリー事業の18年上期業績は、流通菓子事業、専門店「キットカットショコラトリー(KKC)」やeコマース事業、海外事業とも好調に推移した。流通菓子、専門店事業の両輪がかみ合い、「キットカット」ブランドのプレミア…

  • メーカー動向=不二家 “パイの革新”商品投入「ホームパイ 大人のリッチチョコ」(2018.10.15)

     不二家の今秋季商品施策は、ブランド革新への挑戦をテーマに、「健康とグルメ」の展開が好業績を支えていることからこの2軸を深耕。また、18年度は設備投資を積極化する。秦野工場に「カントリーマアム」の新型オーブンを導入。ホームパイの製造を…

  • メーカー動向=六甲バター アジア圏限定で「抹茶」(2018.10.15)

     ●リンドール 今後の展開へテスト販売

     【関西】六甲バターの今期(12月期決算)8月までのチョコレート部門売上高は、前年比4%増で堅調に推移。台風の影響が過ぎた9月下旬に出荷が伸びた。同社が輸入販売権を持つスイス・リンツ…

  • メーカー動向=ブルボン 高価格帯商品を拡充 主力「アルフォート」の育成強化(2018.10.15)

     【新潟】ブルボンの今上期チョコレート部門は、新しい取組みのミント系商品が奏功し前年並みだった。今秋期は、高価格帯商品の拡充を図り、主力「アルフォート」でプレミアムタイプを上市。「アーモンドラッシュ」の品揃えを強化するなど、消費者のこ…

  • メーカー動向=江崎グリコ 「おいしさと健康」軸に(2018.10.15)

     ●「ポッキー」 コミュニケーション一新

     江崎グリコの18年秋季菓子戦略は、企業理念の「おいしさと健康」のおいしさを具現化した高付加価値商品「神戸ショコラ」「ホーバル」や健康を具現化した「GABA」「LIBERA」「ビス…

  • メーカー動向=マースジャパンリミテッド 「大人ビター」を追加(2018.10.15)

     ●「スニッカーズ」 ユーザー層拡大へ

     マース ジャパン リミテッドのチョコレートカテゴリーは、「M&M'S」「スニッカーズ」「ミルキーウェイ」「ツイックス」の4ブランドで展開する。今期チョコレートカテゴリーの業績は、…

  • メーカー動向=ギンビス 前年比2桁増と好調(2018.10.15)

     ●「たべっ子どうぶつ」 健康価値を付加

     ギンビスの1~9月実績は、「たべっ子どうぶつ」は、前年比2桁増と好調に推移。「アスパラガス」は、前年並み、「しみチョココーン」も2桁増で推移した。「銀座@ラスク」は、軟調推移も9…

  • メーカー動向=フルタ製菓 「チョコエッグ」けん引(2018.10.15)

     ●「柿の種チョコ」の生産設備増強

     【関西】フルタ製菓の18年4~9月チョコレートカテゴリー売上高は、前年比7%増と好調に推移。「チョコエッグ」が大きく貢献した。「チョコエッグ」は3月発売の「ミニオンプラス」、5月発売の…

  • メーカー動向=名糖産業 秋冬新商品2品に注力(2018.10.15)

     ●大袋商品依存から脱却図る

     【中部】名糖産業の前期(18年3月期)チョコレート部門売上げは前年比16%増で着地した。売上げ増の大半が大袋チョコレートによるもので、特に「アルファベットチョコレート」シリーズが好調。「ハロ…

  • メーカー動向=有楽製菓 ブラックサンダー過去最高1億6500万個(2018.10.15)

     ●「ブラックサンダー」売上高も最高を記録

     有楽製菓の主力商品「ブラックサンダー」シリーズの17年度の年間販売数は、過去最高の1億6500万個を突破した。18年7月期業績も前年比2桁増の120億3000万円で着地し、過去…