日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

中華まん特集2018.10.17 11779号 07面

17年市場規模570億円、2桁弱の成長 CVS各社が再評価

印刷
Facebook
2018.10.17 11779号 07面


 2017年の中華まん市場は、前年から約2桁弱の成長を果たしたもよう。市場規模は、約570億円弱と推計される。CVS各社では、17年に続き「中華まん」に対する再評価への機運が高まっている。

 象徴的事例が、ファミリーマートが8月20日に、製造を担う井村屋で今年の中華まんの販売方針を発表し、「点心・デリ向上」の製造ラインの一部も報道陣に公開したことだ。澤田貴司ファミリーマート社長と浅田剛夫井村屋グループ会長も出席した会見で、澤田社長は、17年の単品で最も伸長した「プレミアム肉まん・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=山崎製パン 「具たっぷり」シリーズ好調(2018.10.17)

     ●新シリーズ 「ふんわり包」も堅調

     山崎製パンの中華まんの今期(18年12月期)第2四半期(1~6月)までの実績は、売上高43億円で前年比1.9%増と好調に推移している。7月以降の実績についても好調を持続している。好調…

  • 「喜連川温泉なす」を使った「温泉なすの麻婆まん」 メーカー動向=フタバ食品 栃木産の新テイスト(2018.10.17)

     ●スチーマー対応生地投入

     フタバ食品は、栃木県産品を使ったさまざまな「新テイスト中華まんじゅう」を展開。道の駅やサービスエリアなど、地産地消品の独自性を生かした商品ラインアップでファンを増やしている。大手CVSチェーン…

  • メーカー動向=井村屋 前期16.7%増達成(2018.10.17)

     ●ゴールドシリーズ 個包装は利便性向上

     井村屋の前期(18年3月期)の「点心・デリ」カテゴリーの売上げは107億1800万円で前年比16.7%増と大幅伸長を達成した。好調の要因は、17年7月に点心・デリ工場が稼働したこ…