日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ビスケット特集2018.12.26 11812号 11面

18年市場好調、猛暑跳ね返す 小売金額ベース3%程度の成長

印刷
Facebook
2018.12.26 11812号 11面


 ◇原材料などコスト増対応が課題

 2018年のビスケット市場は、記録的な猛暑の影響を受けずに小売金額ベースで前年から3%程度成長したもよう--。食品需給研究センター公表の生産数量も18年1~10月の累計で前年比4.2%増の21万3647tと増産となった。

 18年の夏は、全国各地で猛暑日が続き観測史上過去最高の暑さを記録した。例年であれば、気温が高くなるとビスケットの需要は落ち込むが、今夏は異変が起こった。

 記録的な猛暑によって熱中症の危険がある中、外出を抑え冷房の効いた室内で・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=ロッテ 「ZERO」シリーズをリフレッシュ(2018.12.26)

     ロッテのビスケットカテゴリー上期業績は、好調に推移した。18年菓子秋季商戦のテーマである「健康を、おいしく。」では、10月に「ZERO」ブランドのリフレッシュを実施。ビスケットカテゴリーのアイテムとして「ゼロ シュガーフリービスケッ…

  • 主要メーカー動向=東ハト 「ソルティ・バター」ベストスイーツクッキー部門1位に(2018.12.26)

     東ハトのビスケットカテゴリーの今期(1~11月)実績は、前年実績を上回り好調に推移している。ブランド別の概況は、「オールレーズン」ブランドは、前年が発売45周年の販促施策や16年に行ったリニューアル効果、さらにはエクステンション商品…

  • 主要メーカー動向=不二家 「革新への挑戦」テーマ(2018.12.26)

     不二家のビスケットカテゴリーの今期業績(18年1~9月)は好調に推移している。今秋季商品施策は、ブランド革新への挑戦をテーマに、「健康とグルメ」の展開が好業績を支えていることからこの2軸を深耕。また、17年に銀座に所有していたビルの…

  • 主要メーカー動向=ヤマザキビスケット 「ノアール」ヒット商品へ成長(2018.12.26)

     ヤマザキビスケット(YBC)のビスケット・クラッカーカテゴリーの今期(18年1~11月)は、前年比2桁増と好調に推移している。クラッカーカテゴリーは、前年比微増で推移。17年12月に「ルヴァン プライム スナック」を発売したことが寄…

  • 主要メーカー動向=ギンビス 記念日に着目、新ブランド展開(2018.12.26)

     ギンビスの今期(1~11月)ビスケットカテゴリーの実績は、好調に推移している。ブランド別では、「たべっ子どうぶつ」は2桁増と好調に推移した。「アスパラガスビスケット」も、堅調に推移。「たべっ子どうぶつ」ブランド好調の要因は、「たべっ…

  • 主要メーカー動向=森永製菓 健康系ビスケットが大幅伸長(2018.12.26)

     森永製菓のビスケットカテゴリー(4~11月)実績は好調にした。ブランド別の状況は、主力「森永ビスケット」シリーズの「チョイス」「ムーンライト」「マリー」など箱ビスケットは、前年実績を上回って推移した。「エンゼルパイ」ブランドも好調に…

  • 主要メーカー動向=フルタ製菓 「きなこもちクッキー」好調(2018.12.26)

     ●ヒットの法則に自信

     【関西】フルタ製菓の焼き菓子カテゴリーの18年(4~9月)売上高は、前年比約10%増。要因は平尾工場の「きなこもちクッキー」が大ヒットした。加えて、クッキー商品で枚数を減らしたライバル社があったな…

  • 主要メーカー動向=日清シスコ 「ココナッツサブレ」10%増(2018.12.26)

     ●ショットガン戦略奏功

     日清シスコの上期ビスケットカテゴリーは、主力の「ココナッツサブレ」ブランドが、前年比約10%増と高い成長を継続している。昨年に生産設備を増強し、増産体制を確立。今期は、新たなシーンやオケージョン…

  • 主要メーカー動向=ブルボン 高・低価格両面で品揃え強化(2018.12.26)

     ブルボンの上期(4~9月)菓子販売実績は、前年比1.2%増の499.9億円だった。うち、ビスケットは、新商品の発売や季節展開などで好調。下期は「ショコラルーベラ」発売などスティック群を活性化。また、高価格帯新商品とロングセラーの低価…

  • 主要メーカー動向=イトウ製菓 DgS取扱い拡大寄与し好調(2018.12.26)

     イトウ製菓の販売実績(3~10月)は、前年比9%増と好調に推移している。商品戦略と営業戦略を連携させ、店舗数が拡大し、菓子売上げが伸長傾向のドラッグストア(DgS)への取組みを強化したことで、DgS業態での取扱いが拡大したことなどが…

  • 主要メーカー動向=アサヒグループ食品 「1本満足バー プロテイン」一時休売(2018.12.26)

     アサヒグループ食品の栄養調整食品カテゴリー「クリーム玄米ブラン」シリーズの18年度(1~11月)売上高は、基幹商品が堅調に推移したことに加え、ブラウニーシリーズの好調が貢献し、前年実績を上回って推移している。「1本満足バー」も10月…