日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

パン特集2018.12.28 11813号 10面

業界この1年 価格改定浸透、店頭売価上昇 猛暑で生産数量は減少

印刷
Facebook
2018.12.28 11813号 10面


 2018年のホールセール製パン業界は、適正価格の実現がキーワードだった。5~6月には、米国カリフォルニア州の天候不順によるレーズンやクルミの大幅減産に伴う、17年産の価格高騰への対応を主要因に、大手製パンメーカーを中心に、約10%程度値上げした。直接的なきっかけは、レーズン、クルミなどの高騰だが、近年のホールセール製パン業界は、原材料価格の高騰に加え、製造現場から配送に至るまで人手不足という課題を抱え、企業により差はあるが、厳しい収益状況にあった。また、7月以降には、大手製・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=山崎製パン猛暑の影響受けるも善戦 増収確保(2018.12.28)

     山崎製パンの今期第3四半期(18年12月期・連結)売上高は、7852億0800万円で前年比0.8%増と堅調に推移した。記録的な猛暑でパンの需要が低迷する中、善戦した格好だ。「厳撰100品」を中心とした主力商品の拡販に努めるとともに市…

  • メーカー動向=リョーユーパン 月間フェア、イチオシ商品好調(2018.12.28)

     【九州】リョーユーパンの世界の名画シリーズのTVCMが6年目を迎えた。このCMの効果で月間フェア商品、毎月のイチオシ商品の売上げは好調だという。

     月間フェアで特に好評だったのが、「レジェンドフェア」。既存の売れ筋商品を…

  • メーカー動向=木村屋總本店 WS事業、18年11月期増収増益(2018.12.28)

     木村屋總本店のホールセール(WS)事業の18年11月期(17年12月~18年11月)の業績は増収増益で着地した。増収要因は、夏の酷暑で製パンメーカー各社が売上げの減少に苦しむ中、主力の「ジャンボむしケーキ」の品揃え強化と「冷やしてお…

  • メーカー動向=敷島製パン 今期売上げ0.9%増(2018.12.28)

     ●「超熟フォカッチャ」新発売

     敷島製パンの1~10月売上げ状況は、前年比0.9%増で推移した。

     2月に「超熟」「超熟ロール」のリニューアルを実施、おいしさの底上げを図った。さらに、発売20周年を迎えた「超…

  • メーカー動向=フランソア 「豆乳生おから仕込み」製法(2018.12.28)

     ●20年の研究、前面に

     【九州】フランソアは、今秋から「豆乳生おから仕込み」製法を前面に打ち出している。おからを使った食物繊維の研究については、約20年前から行ってきた。関連した業界と交流を重ね、おからへの理解を深め、…

  • メーカー動向=フジパン 1~10月増収推移(2018.12.28)

     ●機能性表示食卓ロール「もちふわロール」強化

     フジパンの1~10月の売上げ状況は、前年比微増で推移した。17年8月に発売した機能性表示食卓ロール「もちふわロール」を継続強化した。同品は、NB食卓ロールでは業界初の機能性…

  • メーカー動向=オイシス 「熟成工房」が堅調 来年アッパー商品も(2018.12.28)

     【関西】オイシスは、17年10月のリニューアルが奏功し「熟成工房」がロケットスタート。若干伸びは鈍化しているが1年が経過しても、伸長が続く。業界全体として「食パン」の苦戦が続く中、メーンの食パンが健闘している。一方、関西では需要の少…

  • メーカー動向=神戸屋 うまいパン決定戦で「まるでリンゴ」高評価(2018.12.28)

     【関西】神戸屋の1~10月の売上高は前年をやや下回った。

     卸売事業で、全粒粉をブレンドし、「ゆりかご型製法」で生地をじっくり熟成した円熟全粒粉や20種類の穀物とレーズンをブレンドした「円熟20種の穀物とレーズン(米粉入…