日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

バレンタイン特集2019.01.30 11828号 07面

2019年バレンタイン チョコ楽しむ時期として提案

印刷
Facebook
2019.01.30 11828号 07面


 18年のバレンタインは、高カカオチョコレートを中心とした健康チョコレート需要が安定期に入ったことなどが影響し、厳しいバレンタインとなった。板チョコを使った「手作りチョコ」が減少したことに加え、インフルエンザの流行や大雪などの天候、さらには、平昌冬季オリンピックの開催で、メディアでのバレンタインの露出が相対的に低下したことが影響した。さらに、メーカー担当者は、「健康志向の高まりで、豆類に対する注目が高まる中、販売実績が好調なことから、店頭で節分催事企画が長期化した」ことも影響・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 明治 子どもから大人まで“選べて楽しい”提案(2019.01.30)

     明治の19年バレンタインは、「チョコレートの季節到来!子どもから大人まで、選べて楽しいバレンタイン」をテーマに展開する。

     「ミルクチョコレート」などは、パッケージに遊び心あふれるデザインを施し、そのまま贈れるプチギフト…

  • ロッテ ポジティブなイベントに(2019.01.30)

     ロッテの19年バレンタイン戦略は、「バレンタインに、いろんな愛のカタチを。-愛のカタチは、義理と本命だけじゃない。」をキーメッセージに、再度、バレンタインの素晴らしさ楽しさに気付き、バレンタインそのものをポジティブなイベントとするこ…

  • メリーチョコレート 「気持ちをカタチに。」多彩なシリーズ展開(2019.01.30)

     メリーチョコレートカムパニーの19年バレンタインは、「気持ちをカタチに。」をテーマに多彩なシリーズを順次展開。今回のテーマには、SNSなど文字や画像で気持ちを伝えるコミュニケーションが人気だが、カタチがあるもので、気持ちを伝えること…

  • 芥川製菓 受注状況前年超え、3ブランドの新展開が寄与(2019.01.30)

     芥川製菓の19年バレンタイン催事商品は、「西洋銀座」「札幌グランドホテル」「ホリオス」の3ブランドの展開を開始したことなどが寄与し、受注状況は前年を上回って推移している。19年のバレンタイン商品は、チョコレート専業メーカーならではの…