日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

春季清酒特集2017.04.17 11513号 06面

消費者ニーズくすぐる商品展開 需要喚起へ各社注力

印刷
Facebook
2017.04.17 11513号 06面

大手問屋の展示会でも積極的な提案が図られる
大手問屋の展示会でも積極的な提案が図られる

利き酒などの日本酒イベントは各地で盛況
利き酒などの日本酒イベントは各地で盛況

 前年実績を昨年もわずかながら下回った清酒業界。下げ止まりに歯止めがかからないが、各社の蔵開きには前年を超える人出があるなど、市場での話題は増えているのも事実。各社、今季投入のアイテムでは定番品、機能性商品の拡充、高付加価値ゾーンでの差別化、次世代向けなど、消費者ニーズの掘り起こしに余念がない。そうした中、縮小する市場で、「選択と集中」で他社との差別化を図りながら需要振興を図る、各社の取組みに期待したい。(藤林敏治)

 日本酒造組合中央会がまとめた16年(1~12月・概数)の全・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=沢の鶴 次世代ユーザー向け「SHUSHU」(2017.04.17)

     今年で創業300年を迎える沢の鶴の16年4月~17年3月売上高は微減、収益は減益で着地の見込み。「1.5カップ」(270mlカップ、3種)シリーズの落ち込みが影響した。「カップ酒類は競合他社の300mlカップに押された形」と同社は分…

  • メーカー動向=月桂冠 「プリン体ゼロ」を投入(2017.04.17)

     月桂冠の今季は拡大が期待される機能性カテゴリーに、プリン体をカットした日本酒「プリン体ゼロ」(アルコール分13~14%未満)の1.8Lパック(参考小売価格税別1396円)と900mlパック(同716円)を投入。日本酒のプリン体ゼロを…

  • メーカー動向=宝酒造 「澪」春限定デザイン登場(2017.04.17)

     宝酒造の清酒カテゴリーの業況(16年1~12月)は前年比3%増で着地。清酒事業は「松竹梅白壁蔵『澪』スパークリング清酒」「松竹梅『天』」、業務用ルート限定「豪快」の3本柱のブランド育成とともに、特定名称酒に注力する。

     …

  • メーカー動向=小西酒造 好みに合わせ4タイプ(2017.04.17)

     小西酒造は、昨年発売した720mlサイズが好評でお試しサイズで登場の「KONISHI 碧冴えの澄み切り 純米300ml瓶詰」(300ml瓶、アルコール分15~16%未満、メーカー参考小売価格税別380円)と「KONISHI 純米酒こ…

  • メーカー動向=黄桜 プレミアム商品に注力(2017.04.17)

     黄桜の今季は、「黄桜 S純米大吟醸」(500ml、180ml瓶)と「黄桜 ピアノ」(300ml瓶)に引き続き注力する。

     「S純米大吟醸」は、京都の名水「伏水」と酒造好適米の最高峰「山田錦」を100%使用し、精米歩合50…

  • メーカー動向=日本盛 生原酒ボトル缶に「純米吟醸」(2017.04.17)

     日本盛の3月期の酒類事業業績は、ボリュームゾーン「日本盛 晩酌」が低迷するも、「生原酒ボトル缶」と「大吟醸」などで落ち込みをカバーする。

     今季は、「生原酒ボトル缶」に「純米吟醸」(アルコール分16~17%未満、200m…

  • メーカー動向=白鶴酒造 「まる」ブランドを強化(2017.04.17)

     白鶴酒造の3月期決算(16年4月~17年3月)は、売上高が前年比微減で着地の見込み。市場の厳しさを反映してボリュームゾーンの「まる」が苦戦するも、「白鶴 大吟醸」「同純米大吟醸」「特撰 白鶴 特別純米酒 山田錦」「同純米吟醸 山田錦…

  • メーカー動向=辰馬本家酒造 「すずろ」発売20周年で再注力(2017.04.17)

     辰馬本家酒造(白鹿)の3月期決算(16年4月~17年3月)は、売上高が前年比微減、収益は前年並みで着地見込み。清酒を取り巻く国内市場の厳しい状況が反映された。一方、輸出は2桁増の伸長。

     今季は、発売20周年を迎える「白…

  • メーカー動向=大関 「ワンカップジャンボ」に生貯蔵(2017.04.17)

     大関の3月期決算(16年4月~17年3月)の2月までの概況は、売上高が前年比2%減も収益は増加した。パック類が苦戦、カテゴリー別ではボリュームゾーンの「のものも」が同10%減と低迷したが、同社は価格競争に巻き込まれないための体制を取…

  • メーカー動向=菊正宗酒造 「ギンパック」好調、新たに500ml(2017.04.17)

     菊正宗酒造の酒類事業3月期決算(16年4月~17年3月)の業績は、売上高は前年比微減の見込み。大容量ゾーンは苦戦したが、特定名称酒の吟醸は前年並み、純米は好調だった。昨秋発売した「菊正宗 しぼりたてギンパック」(アルコール分14~1…