日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

春季清酒特集2018.04.18 11690号 06面

「酔う」から「味わう」へ つかめ消費者ニーズ

印刷
Facebook
2018.04.18 11690号 06面

きき酒などが楽しめるイベントは各地で盛況
きき酒などが楽しめるイベントは各地で盛況

特定名称酒への人気が高まる
特定名称酒への人気が高まる

 前年実績から昨年もわずかながら微減となった清酒業界。下げ止まりに歯止めはかからないが、各社の今年の蔵開きは前年実績を超える人出もあるなど、盛況だった。各社、今季投入のアイテムではロングセラー品のリニューアルや機能性商品の拡充、高付加価値ゾーンでの差別化、若者層向けに新たな飲み方提案、季節限定品の注力など、消費者ニーズの掘り起こしを積極的に展開する。「酔う」ためのものから「味わう」ためへと消費者ニーズが移りゆく中、各メーカーは他社との差別化を図りながら清酒需要の振興に奮闘する・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=黄桜 「呑」リニューアル 季節商材も充実(2018.04.18)

     黄桜の今期上半期の進捗(しんちょく)状況は、前年同期をクリア。特定名称酒は前年並みだが、3Lパックが特に好調、2Lパックも前年実績をクリアした。昨秋リニューアルした「純米辛口一献」も好調を維持している。秋冬限定の「黄桜 春帆楼 ふく…

  • 主要メーカー動向=小西酒造 シーンに合わせた4タイプ(2018.04.18)

     小西酒造は、コクやうまみはそのままに、後味はすっきりに仕上げた「碧冴えの澄みきり」、しっかりとしたコクのある味わいに仕上げた「純米酒 こくあがり」、フルーティーな香りと爽やかな味わいの「吟醸 ひやしぼり」、香りを閉じ込めるフルーティ…

  • 主要メーカー動向=月桂冠 「純米大吟醸生酒」投入 生酒2アイテムを提案(2018.04.18)

     月桂冠の18年2月単月実績は前年比4%増。昨年、発売20周年を迎えてリニューアルした「つき」は好調。「上質なブランドとして定着している」(同社)。「糖質ゼロ」や、「糖質70%オフ・プリン体ゼロ」など機能系商品は好調に推移。「上撰さけ…

  • 主要メーカー動向=宝酒造 パックで「山田錦〈特別純米〉」(2018.04.18)

     宝酒造の清酒カテゴリーの業況(17年1~12月)は前年比4%増で着地した。清酒事業は従来通り、松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒と松竹梅「天」、業務用ルート限定で展開する松竹梅「豪快」の3本柱のブランド育成とともに、特定名称酒に注…

  • 主要メーカー動向=菊正宗酒造 ギンパックが大幅プラス 純米酒アピール(2018.04.18)

     菊正宗酒造の酒類事業3月期決算(17年4月~18年3月)の業績は、計画に対して100%達成の見込み。大容量パックは厳しいが「しぼりたてギンパック」は当初計画より大幅にプラスとなり、けん引。「データとしても完全に整ったものがあり、各企…

  • 主要メーカー動向=日本盛 オンリー商品で市場活性化(2018.04.18)

     日本盛の3月期の酒類事業業績は、前年並みで着地見込み。「ボトル缶」「糖質ゼロプリン体ゼロ」がけん引。昨秋、リニューアルした「晩酌」が需要期に売上げに貢献した。

     今季は、「日本盛 チアーズボトル 大吟醸 180mlボトル…

  • 主要メーカー動向=大関 「上撰辛丹波 生貯蔵」通年販売(2018.04.18)

     大関の3月期決算(17年4月~18年3月)の2月までの概況は、金額ベースで前年比1.5%減。カテゴリー別ではボリュームゾーンの「のものも」が苦戦。「ワンカップ」シリーズは前年実績超え。中でも300mlと100mlが堅調。1988年の…

  • 主要メーカー動向=白鶴酒造 中小容量帯を強化(2018.04.18)

     ●「日本酒でマリアージュ」300mlパック2品発売

     白鶴酒造の3月期決算(17年4月~18年3月)の売上げは前年比微減で着地の見込み。清酒市場全体が決して良くない状況で、パックの大容量ゾーンが少し厳しい中、瓶を含めた中…

  • 主要メーカー動向=沢の鶴 純米酒No.1ブランドを訴求(2018.04.18)

     沢の鶴の17年4月~18年3月売上高は前年比微減で着地の見込み。「1.5カップ」(270mlカップ、3種)シリーズは下げ止まりが見られるが苦戦した。

     カテゴリー別では、「純米カテゴリー」は好調を維持。主力の「米だけの酒…

  • 主要メーカー動向=辰馬本家酒造 氷で楽しむ「ICEカクテル」(2018.04.18)

     辰馬本家酒造(白鹿)の3月期決算(17年4月~18年3月)の業績は、前年比微減で着地の見込み。日本酒を取り巻く市場の厳しい状況が反映された。ただ純米パックは伸長し、輸出は2桁増だった。日本酒をカジュアルに楽しんでもらおうと、グランピ…