日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

清酒特集2018.11.09 11793号 10面

多様な飲用シーンに対応 特定名称酒は堅調 輸出額、8年連続過去最高

印刷
Facebook
2018.11.09 11793号 10面

「全国一斉 日本酒で乾杯!」のメーン会場で行われた乾杯
「全国一斉 日本酒で乾杯!」のメーン会場で行われた乾杯

季節に合わせた飲み方提案を行ったイベント「日本酒ロックで雪見酒」
季節に合わせた飲み方提案を行ったイベント「日本酒ロックで雪見酒」

 今秋、各地で開催された蔵開きは盛況で、蔵開き限定酒などを求める来場者でにぎわいを見せた。清酒をめぐっては高齢化社会の進展やアルコール離れが言われ、清酒課税移出数量自体は減少傾向だが、純米大吟醸酒や純米酒などの特定名称酒については堅調に推移している。海外輸出額も17年は約186億円で8年連続で過去最高を記録している。

 10月1日の「日本酒の日」に合わせて日本酒造組合中央会が主催するイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!」は、今年で4回目を迎え、秋の風物詩として定着したといえる。今・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事