日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

みりん類・料理酒特集2019.02.15 11836号 14面

和食人気が追い風 調理効果訴求で需要創出へ

印刷
Facebook
2019.02.15 11836号 14面


 少子高齢化や人口減少が続く中、共働き世帯の増加なども相まって、家庭では簡便性に優れたメニューが人気だ。こうした社会情勢を背景に、基礎調味料市場では大幅な需要増が見込めないのが実情だ。「みりん類・料理酒」カテゴリーでも、例外ではない。特に若い世代では、みりん類や料理酒を使うことによる調理効果について決して認知度が高いとは言えず、一般消費者にいかに啓発していくかが鍵になってくる。

 とはいえ13年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことをきっかけに、国内外を問わず、和食への注・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=喜多屋 業務用を中心に販売(2019.02.15)

     ●発酵調味料、清酒でのブランド力生かす

     【九州】喜多屋は1820年に創業した福岡県八女市のメーカー。清酒、焼酎、発酵調味料の三つを柱に事業を展開する。発酵調味料は、酒造メーカーが発酵させている点を強みに業務用を中心に販…

  • 主要メーカー動向=福泉産業 原材料用での拡販を(2019.02.15)

     ●商品育成と製造量にこだわり

     【中部】福泉産業の佐藤順仁社長は、「食品業界は、景気が良くても悪くても大きく増減がない。第一、消費は底を打った。それより深刻なのは少子高齢化による市場縮小だ」とした上で、今後は「原材料用で…

  • 主要メーカー動向=九重味淋 九重櫻、加工用で伸長(2019.02.15)

     ●我が家食堂 時短調味料に育成図る

     【中部】日本最古のみりん蔵を有する九重味淋の前期(18年9月期)売上げは前年比1%減で着地した。売上げの大部分を占める業務用で、レギュラーと準レギュラータイプの本みりんが苦戦。「入社…

  • 主要メーカー動向=MCフードスペシャリティーズ 4月1日に社名変更(2019.02.15)

     ●「三菱商事ライフサイエンス」に社名変更

     MCフードスペシャリティーズ(MCFS)は4月1日の社名変更(新社名=三菱商事ライフサイエンス)に向けて表示法対応を含めた製品パッケージの改版準備を進めている。付加価値品の「熟…

  • 主要メーカー動向=キッコーマン食品 成熟市場へ成長戦略(2019.02.15)

     ●「濃厚熟成」で価値・価格高める

     キッコーマン食品は今3月期、主力商品を「マンジョウ濃厚熟成本みりん」=写真=に改良し、商品価値と価格を高めた。独自製法によって、本みりん本来の商品力であるうまみとコクを増した。最盛期の…

  • 主要メーカー動向=宝酒造 新型キャップが浸透(2019.02.15)

     ●調理効果をパッケージで訴求

     【関西】トップブランド「タカラ本みりん」「タカラ料理のための清酒」を展開する宝酒造。2月に入り、500mlサイズの中容量帯を中心に新商品発売とリニューアルを行い、さらなるブランド強化につな…