日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

関西地域卸特集2019.03.13 11848号 08面

新分野に果敢に挑戦 きめ細かなニーズに対応

印刷
Facebook
2019.03.13 11848号 08面

地域卸各社は新ジャンルの開拓など果敢にチャレンジする
地域卸各社は新ジャンルの開拓など果敢にチャレンジする

 新天皇即位による5月の改元まであと1ヵ月余りとなった。関西食品流通業界をめぐってはオーバーストア状態が恒常化する中、他エリアからのドラッグストア(DgS)やディスカウントストア(DS)の出店攻勢は、とどまることがない。少子高齢化は加速度的に進み、限られたパイの奪い合いは一層激しさを増している。地域に密着した地域卸各社は、大手卸では対応しきれない地域小売店のニーズにきめ細かに対処し、地域の発展につながる取組みに尽力する。また従来の枠にとらわれない新ジャンルへ果敢にチャレンジ。・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 大乾・村瀬忠久社長 新規開拓にも取り組む(2019.03.13)

     「大関」ブランドを持つ大乾は、得意先とのつながりを大事にしながらも新規開拓にも取り組む。コストコントロールに注力し、収益構造の改善を図りながら筋肉質な経営体制を目指す。

     19年3月期(第68期)の売上高は、前年並みの2…

  • 共栄・玉置宗克社長 楽しさにつながる商売を(2019.03.13)

     共栄は、和歌山県内を中心に近畿エリアで展開している。厳しい環境が続く食品流通業界にあって、地域卸として共栄ならではの提案型営業を積極的に展開して業容の拡大に注力しながら、地域の活性化につなげるため事業を推進している。

     …

  • 名畑・名畑豊社長 「食王」関西で定着(2019.03.13)

     ●「ひだまり」など披露

     名畑は外食産業を支える飲食業総合サポート企業として、事業を展開している。18年9月期の業績は売上高が122億3100万円(前年比5.1%増)、営業利益3億7300万円(同131.6%増)、経常利…

  • カミタ・上田勲社長 小売とともに考え商売(2019.03.13)

     カミタは滋賀県を拠点に、地域密着で地域に貢献する企業として、展開している。18年9月期の業績は、売上高が前年実績並みで着地している。今期は、利益面では想定以上で推移している。

     商品構成比は、主力の一般加工食品が最も多い…

  • 丸正高木商店・高木誠治会長 明るく元気に!新化・開花(2019.03.13)

     丸正高木商店は昭和4年に創業し老舗の地域卸として、今年4月で90周年を迎える。16年10月には大阪府内としては初めてとなる「卸売ひろば高槻宮野店」を出店するなど、新規開拓を図りながら、業容の拡大を図っている。

     19年1…