日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

食酢・食酢ドリンク特集2016.04.08 11336号 09面

酢ポット=輸出最大20億円超

印刷
Facebook
2016.04.08 11336号 09面


 2015年の食酢の輸出額は前年比2.2%増の20億2000万円。4年連続の増加となり、輸出額は1989(平成元)年以降で最大となった。輸出量は前年比1.5%減の1558万L。前年より減少となったのは3年ぶり。輸出は増加傾向にある(グラフ)。1989年には142.5万L(2億2100万円)と国内生産量の1%にも満たない量だったものが、海外での和食(寿司)ブームなどの影響もあって増加傾向にある。15年には輸出量は国内生産量の3.8%まで伸びている。輸出相手国は、米国(24%)、・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 健康志向を背景に堅調 メニュー提案が鍵(2016.04.08)

     家庭内調理が減少する中で、他の基礎調味料と同様に食酢も消費減少に歯止めがかからないが、他調味料に比べてその減少率はきわめて緩やかなようだ。15年の家計調査による酢への年間の支出金額は915円で前年より26.3%、206円下げている。…

  • POSデータにみる15年度売上構成比(2016.04.08)

     ●トレンド反映 改廃多いビネガードリンク

     POSデータは、KSP-POSデータ(KSPワイド)を活用し、日本食糧新聞が加工した。全国約150社の商品スーパー・約840店舗のPOS販売実績データだ。「食酢」「合わせ酢(和…

  • 主要メーカー動向=タマノイ酢 プレミアム志向商品にも挑戦(2016.04.08)

     【関西】来年に創業110年を迎えるタマノイ酢は今春、同社初となるプレミアム志向の調味料を2品発売。商品名そのままに梅がまるごと一つ入った「粒まるごと梅の酢(190g)」と原材料にこだわった「胡麻だれ(185ml)」で、高質スーパーへ…

  • 主要メーカー動向=マルカン酢 「ピックル酢」「ゆずぽん酢」育成(2016.04.08)

     【関西】マルカン酢の15年度実績は国内が前年並み、米国子会社は約10%増で推移。国内では昨春発売の「ピックル酢(500mlPET)」と昨年秋に投入した「ゆずぽん酢(300ml)」の育成に今季も注力する。

     15年度の国内…

  • 主要メーカー動向=Mizkan 飲用、生酢、調味酢すべて好調(2016.04.08)

     Mizkanの15年度(3~2月)の食酢の売上高は「酢の力」キャンペーンが奏功して前年比7%増で推移しているもようで、基礎調味料では近年に見られなかった伸び率となっている。容量、販売個数、単価のどれもが高まっている。「酢の力」で酢の…

  • 主要メーカー動向=私市醸造 ISO22000取得(2016.04.08)

    ●「献立応援酢」前面に

     私市醸造の15年度は売上げ・利益ともに微増で着地した。生協が販売方法をグループ販売から個配にシフトしたことが奏功要因の一つだ。伸びた商品は生酢の加工品の調味酢。りんご酢、瓶詰めのマヨネーズも伸び、…

  • 主要メーカー動向=横井醸造工業 ハラール認証品拡販(2016.04.08)

     横井醸造工業の15年度は国内・国外(シンガポール・ベトナム)も伸びて前年比微増収増益で着地した。海外は20年以上前から輸出しているが、3年前から積極的に取り組んで和食・寿司関連の業務用筋が前年比5%伸びた。酢と一緒に発酵調味料(みり…