日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

全国学校給食週間特集2018.02.07 11658号 08面

“食育推進”で健康増進 給食でつながる家庭・地域・産地

印刷
Facebook
2018.02.07 11658号 08面

都内小学校で保護者を対象に開催された「だし」の取り方講習会。学校ではさまざまな食育が行われている
都内小学校で保護者を対象に開催された「だし」の取り方講習会。学校ではさまざまな食育が行われている

 文部科学省主唱の「第67回全国学校給食週間」(1月24~30日)が学校給食の意義、役割などについて児童・生徒や教職員、保護者、地域住民、食材業界など関係者の理解と関心をさらに高め、学校給食のより一層の充実発展を図ることを目的に、さまざまな啓発活動が全国で実施された。同省では全国から学校関係者が集まった学校給食の事例発表会や職員食堂で学校給食メニューを基にしたランチの提供などを行い、「社会的課題に対応する学校給食」「つながる食育」を訴求した。

 (福島厚子)

・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 「学校給食週間」とは…(2018.02.07)

     学校給食は、1889(明治22)年に貧困児童を救済する目的で始められたが、1944(昭和19)年に第2次世界大戦激化のため中断。戦後、日本の子どもたちの飢えを救おうとアメリカの民間団体ララ(アジア救済連盟)から脱脂粉乳や小麦・缶詰な…

  • 文部科学省・三谷卓也課長 安全・安心でおいしい給食をともに作ろう(2018.02.07)

     ◇文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 三谷卓也課長

     学校給食は「安全・安心・おいしい」が基本であり、そこを基礎として食育がある。食品業界には、食材の保管や流通段階で安全・安心を再確認いただくとともに、安全・安心な…

  • 職員食堂で林芳正文部科学大臣(左)と会食 給食に林大臣も舌鼓 文科省「学校給食フェア」(2018.02.07)

     文部科学省は、学校給食週間に合わせ、1月24日から5日間「学校給食フェア」を開催。24日にはフェアの一環として、同省内の職員食堂で学校給食メニューを林芳正大臣らが会食した。

     メニューは奈良県の給食で奈良のちらし寿司、豚…

  • 左から3人目が大沼一彦協会会長、右隣が三谷卓也文科省課長、同齋藤るみ学校給食調査官、同長島美保子全国学校栄養士協議会会長 学校給食用食品メーカー協会が新年祝賀会 つながる“チーム給食”(2018.02.07)

     学校給食用食品メーカー協会は1月24日、都内の椿山荘で新年祝賀会を開催し、安全・安心でおいしい給食の提供で国民の健康に資する“チーム給食”として一層の団結を深めた。主催者、来賓のあいさつと談話を紹介する。

  • 新年祝賀会 学校給食用食品メーカー協会・大沼一彦会長(2018.02.07)

     ●協会HP刷新、情報提供に力

     新年のあいさつの中で、出てくる話は働き方改革への対応であり、人手不足への対応である。メーカー商品は原材料の加工もしくは完全調理品と、用途によって選べる商品が多数あるので給食調理現場が使いや…

  • 新年祝賀会 全国学校栄養士協議会・長島美保子会長(2018.02.07)

     ●学校給食の推進にまい進

     近年、生活スタイルの多様化や偏った栄養摂取などによる子どもたちの健康実態が喫緊の課題であり、学校での食育推進はますます重要になってきている。

     協議会では2015年に発行した「新し…

  • 齋藤るみ氏 学校給食を活用した食育の推進 文部科学省・齋藤るみ氏(2018.02.07)

     学校給食用食品メーカー協会賀詞交歓会では、齋藤るみ文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課学校給食調査官による「学校給食を活用した食育の推進」の演題で、国政から現場まで幅広い視野による講演が行われた。内容を一部紹介する。

  • 2016年度学校給食状況 実施校3万校割る 完全給食実施率は増加(2018.02.07)

     文部科学省の2016年度学校給食実施状況(熊本地震の影響を考慮し熊本県は調査対象から除く)によると、国公私立学校で学校給食を実施している学校数は、全国で2万9959校(前年比2.6%減)で3万校を割った。完全・補食・ミルク給食の喫食…

  • 入賞した子どもたち 日本給食サービス協会 第5回「心に残る給食の思い出」作文コンクール(2018.02.07)

     ●堀山、白倉さんに大臣賞

     日本給食サービス協会(会長=西剛平レパスト社長)は次代を担う子どもたちの健全な成長に寄与すると考えられる「心に残る給食の思い出」作文コンクールに2013年から取り組んでいる。17年度は児童の給…

  • 一押し商品=テーオー食品 「エブリィシリーズ」(2018.02.07)

     テーオー食品は、創業以来100余年の長きにわたり顧客第一主義・品質第一主義を経営理念として、現在はカレー・ニンニク・ショウガをはじめとした業務用香辛調味料メーカーとしてリーディングカンパニーを目指している。

     学校給食向…

  • 一押し商品=キユーピー 「キユーピー エッグケア(卵不使用)」(2018.02.07)

     ●アレルギー配慮とおいしさ両立

     キユーピーの「キユーピー エッグケア(卵不使用)」は、アレルギー配慮とおいしさを両立するマヨネーズタイプの調味料。マヨネーズトップシェアのノウハウを生かし、独自技術を生かして卵不使用なが…

  • 一押し商品=六甲バター 型抜きチーズが独自性と楽しさで人気(2018.02.07)

     六甲バターは、多様な学校給食用チーズを展開する中で、他社にはない独自性と子どもに楽しさを提供する「型抜きチーズ」の人気が高まっている。

     商品は、ナチュラルチーズの持ち味を十分に生かした味付けになっており、動物や乗り物の…

  • 一押し商品=ヤヨイサンフーズ 国産原料使用商品に注力(2018.02.07)

     近年、原材料の高騰で給食費が圧迫されていることから価格訴求商品の要望が多い一方で、衛生管理や素材の由来など安全・安心への取り組みも一層注目されてきている。

     こうした背景を踏まえ、国産原料を使用して児童生徒に不足しがちな…

  • 一押し商品=三島食品 「三島の炊飯用広島菜めし(国産広島菜100%)」(2018.02.07)

     ●鮮やかな色合い

     「三島の炊飯用広島菜めし(国産広島菜100%)」は、契約栽培した国産広島菜だけを使用した、炊き込み用の菜めしの素。「広島菜」は、アブラナ科に属する白菜の一種で、漬物にすると歯切れが良く、香味も良いこと…

  • 一押し商品=日東ベスト 「フレンズ」シリーズ(2018.02.07)

     ●食物アレルギー対応

     日東ベストの「フレンズ」シリーズには、日東ベスト神町工場で生産するフレンズスイーツとフレンズミール、九州ベストフーズが生産するフレンズミールがある。九州ベストフーズが4月1日から卵・乳に加えて小麦…

  • 一押し商品=理研ビタミン 「冷凍海藻シリーズ」(2018.02.07)

     ●原料とおいしさにこだわり

     学校給食に訴求している「冷凍海藻シリーズ」は、旬に採れたわかめを湯通ししてそのまま急速冷凍した商品である。葉も茎もそのままに、わかめの新鮮なおいしさと食感を再現して、旬に漁師が食べているわか…