日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

FunsAP特集2018.07.13 11731号 12面

第13期は増収増益 人手不足対応急ぐ

印刷
Facebook
2018.07.13 11731号 12面

日本青年館ホテル(東京都新宿区)で開催された総会・懇親会
日本青年館ホテル(東京都新宿区)で開催された総会・懇親会


 給食受託企業76社で組織する共同仕入れ機構FunsAPは6月21日、第13回総会・懇親会を都内で開催。総会には会員45社94人が参加し13期決算報告および機構の活動、今後の展望などについて報告。懇親会にはメーカー、帳合先35社、68人も参加した。14期は人手不足や人件費高騰に応えるコスト削減策として加工度の高い半加工・加工食品をメーカーと共同開発、現場に対応した商品数を増やし、売上高60億円を目指す。(福島厚子)

 ◆機構活動と今後の展望

 ●代表取締役社長・志太勤一氏 売上げ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事