日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

すしの素特集2019.02.01 11830号 09面

主要メーカー動向=Mizkan 休みの日は「すし」を食べよう

印刷
Facebook
2019.02.01 11830号 09面


 Mizkanの「五目ちらし」や「すし酢」など手作り寿司向け商品の前年比売上げは厳しく、カンタン酢との社内競合で、より多様性をもった展開となっている。

 直近では、近年訴求が増加している2月2日の「初午いなり」、年間最大の寿司TI値(Table Index=1000食卓当たりのメニュー出現)となっている2月3日の「恵方巻き」と、“すし”に関連する催事が続き、しかも土・日と週末であることから今年は「太巻き」と「いなり」のボードやリーフレット、ショーカードなどの提案で節分時の売上げ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 永谷園がアレンジ提案するモザイクちらし。具材の並べ替えで意外に簡単にできる 今季こそ手作り提案 需要期前に連続の週末販促(2019.02.01)

     すしの素は、ご飯と混ぜるだけでちらし寿司が調理でき、親族や友人と一緒に食卓を囲む、お祝いメニューが簡単にできる。市場は粉末タイプが発売50年、具入りが40年を超えて根強い人気を誇る。最需要期は、子どもの成長を家族で願う、3月のひな祭…

  • 主要メーカー動向=永谷園 日常・ハレ提案で通年需要(2019.02.01)

     ●「お茶碗でも すし太郎」好調

     永谷園は、ご飯1杯分の「お茶碗でも すし太郎」の売上げを大幅に伸ばし、通年需要を得ている。主力商品の「すし太郎」はパーティー提案を尽くし、最需要期のひな祭りのほか、10月のハロウィーンを…

  • 主要メーカー動向=タマノイ酢 PET入り寿司酢20%増(2019.02.01)

     ●「すしのこ」はインバウンド対応強化

     【関西】タマノイ酢のすし酢関連商品は好調な家庭用ルートにけん引され、堅調に推移している。中でもすし酢で珍しいPET容器入りの「すし酢昆布だし入」は、昨年に災害の多かった関西でニーズ…